fbpx

LIVESTAR(ライブスター)|エイベックス・グループ日本最大級規模のライバー事務所」 LIVESTARは、ライバーが楽しく持続的な活動ができるようにサポートするライバープロダクションです。

ライバー応募はこちら!
ライバー応募はこちら!

Pococha(ポコチャ)はいくらから確定申告すべき?換金方法や住所の書き方を解説

サムネイル画像

Pococha(ポコチャ)では、ライバーとして収益を得ることができます。

 

収益を得た場合、金額によっては確定申告を行う必要があります。

 

ライブ配信を始めて間もない方の中には、「確定申告に必要なものは何?」や「確定申告をしないといけないケースとは?」と確定申告について疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、確定申告が必要なケースや必要なもの、確定申告のポイントを解説します。

 

また記事終盤では、確定申告をしないとどうなるのかもお伝えするので、ポコチャでライバーとして収益を得ている方はぜひ参考にしてください。

 


私達LIVESTARは、累計3,000名以上のライバーのマネジメントを行ってきた、エイベックス・グループ傘下のライバー事務所です。

 

LIVESTARの所属ライバーになってみたい!という方は、以下のボタンから友達登録の後、応募をお願いいたします!

 

 

Pococha(ポコチャ)の収益に確定申告は必要?

 

 

Pococha(ポコチャ)では、ライバーとして報酬が得られます。アイテムやコメント、いいねなどでリスナーに応援してもらうことで報酬獲得できます。ポコチャで報酬を得ると、確定申告をしなくてはいけないケースがあります。

 

そもそも確定申告とは、1月1日〜12月31日までの1年間に得た収益から、所得税および復興特別所得税を計算し税務署に申告する手続きを指します。原則として、翌年2月16日〜3月15日の間に手続きを行う必要があります。

いくらから確定申告すべき?

ポコチャで収益を得た時、確定申告を行う必要がありますが、金額によって行うべきなのかが異なります。また給与をもらい副業としてライバーをしているのか、ライバーを専業としているのかで、確定申告が必要である金額が変わってきます。

 

給与をもらっている場合は、年間所得20万円以上のライバー収益を得ていると確定申告を行う必要があります。またアルバイトやパートを行っている場合は、アルバイト・パートで得た収益とライバーで得た収益の合計年間所得が20万円以上なら、確定申告を行わなくてはいけません。

 

専業でライバーをしている場合は、年間所得が48万円以上なら確定申告を行うする必要があります。

 

会社に勤めている方やアルバイト・パートの方の中には、職場の人に副業を行っているのをバレたくない方もいるでしょう。その場合は、税の支払い方法の欄で「普通徴収」を選択すると良いでしょう。すると支払い情報は自宅に届き、職場の人にバレることが避けられます。

確定申告が不要なケースがある

ライバーで得ている収益の金額によって、確定申告を行わずに済むケースがあります。

 

会社勤めで給与を得ている場合はライバー収益が年間所得20万円以下、アルバイト・パートの場合は合計年間所得20万円以下、専業ライバーの場合は年間所得48万円以下なら確定申告を行わなくても済みます。

 

ただし、これらの年間所得の壁は所得税の申告が必要であるのかの基準であり、住民税が免除される壁ではありません。確定申告を行えば自動的に住民税が算出されますが、行わない場合は別で住民税の申告を行う必要があります。

 

所得の壁を突破せずに確定申告が必要ではない場合でも、確定申告自体を行うことはできます。確定申告が不要なケースでも、練習として確定申告の手続きを行ってみるのもおすすめです。

そもそもダイヤの換金方法とは?

 

 

ポコチャでは、収益としてダイヤが獲得できます。ダイヤは、1ダイヤ=1円のように現金に交換できます。ただし、実際にもらえる金額は、源泉徴収税である収益×10.21%が差し引かれたものです。

 

ポコチャでダイヤを換金する際は、ポコチャの公式サイトから行う必要があります。換金手続きの手順は、以下の通りです。

 

1.ポコチャの公式サイトにアクセス

2.画面右上の「青いダイヤマーク」をタップ

 

 

3.連携しているSNSアカウントでログイン(すでにログインしている状態である場合もある)

 

 

4.「換金」を選択

 

 

5.希望の換金額を入力

 

 

6.「金額を決定」をタップ

 

 

7.必要な情報を入力

 

ダイヤを換金する時は、最低5,000ダイヤで最大100万ダイヤまで可能です。

 

また1時間に獲得できる時間ダイヤ数は、ランクによって異なります。以下の表を参考にしてください。

ランク

通常の時間ダイヤ 2位と3位の時間ダイヤ 1位の時間ダイヤ

S6

5,500 11,000 16,500

S5

5,000 10,000 15,000

S4

4,500 9,000 13,500

S3

4,000 8,000 12,000

S2

3,500 7,000 10,500

S1

3,000 6,000 9,000

A3

2,500 5,000 7,500

A2

2,200 4,400 6,600

A1

1,900 3,800 5,700

B3

1,600 3,200 4,800

B2

1,400 2,800 4,200

B1

1,200 2,400 3,600

C3

800 1,600 2,400

C2

600 1,200 1,800

C1

400 800 1,200

D3

150 300 450

D2

100 200 300

D1

50 100 150

E1

30 60 90

 

今回はPocochaの「確定申告」について解説しましたが、LIVESTAR MAGAZINEでは、Pocochaの「確定申告」についてだけでなく、Pocochaで稼ぐために活用すべき機能やノウハウなども詳しく紹介しています。気になった方は是非チェックしてみてください!⇩

Pococha (ポコチャ) は時給制で安定して稼げる?収益を上げるための稼ぎ方のコツを紹介します!

 

とはいえ、記事では知れないようなもっと詳しい情報を知りたい、アドバイスが欲しいという方におすすめなのがライバー事務所です。プロのマネージャーがライブ配信のコツを1から丁寧に教えます

下記記事では「どうすれば事務所に入れるのか」「おすすめはどこか」といったことを解説しているので、是非チェックしてみてください!⇩

Pococha(ポコチャ)ライバーになるには?収入やランキング、ライバー募集中の事務所まで一挙大公開!

Pococha(ポコチャ)の確定申告で必要なもの

 

 

確定申告を行う場合は、確定申告に必要なものを揃える必要があります。ここでは、確定申告に必要な主な書類3つを紹介します。特に初めて確定申告を行う方は、ぜひ参考にしてください。

ライバーの収入を証明するもの

1つ目に紹介する確定申告の書類は、ライバーの収入を証明するものです。ポコチャの収益を証明するためには、ダイヤの換金履歴をスクショしたり通帳への振込履歴をコピーするなどして残すと良いでしょう。

 

また確定申告をWeb上で行う場合は、収入を証明する書類がなくても手続きが行えます。しかし正しい金額で申告するためにも、収入を証明する書類を残しておくことは大切です。

 

ポコチャの換金履歴を確認する方法は、以下の通りです。

 

1.ポコチャの公式サイトにアクセス

2.画面上部にある「青いダイヤマーク」をタップ

 

 

3.連携SNSアカウントでログイン

 

 

4.「交換/換金履歴」をタップ

 

 

5.「換金」タブに切り替える

 

 

経費が記載されたレシートや領収書

2つ目に紹介する確定申告の書類は、経費が記載されたレシートや領収書です。ライブ配信でかかった経費は、収入から差し引かれて所得として計上できるので、減税にもつながります。

 

ポコチャのライブ配信で経費として計上できる項目は、以下の通りです。

 

・ライブ配信で使用した道具

・撮影機材や照明器具

・衣装

・イベントで使用した道具 など

 

LIVESTARでは、経費が発生した月の翌月3営業日内に申告する必要があります。経費が確定した時点で申告すれば、忘れることは避けられるでしょう。

控除に必要な証明書

3つ目に紹介する確定申告の書類は、控除に必要な証明するものです。控除の種類と必要な書類は、以下の通りです。

控除の種類

必要な書類

社会保険料控除

・国民健康保険料の支払い領収書

・生命保険料の控除証明書

医療費控除

・医療費の領収書

・医療費の明細

住宅ローン控除

・住宅ローン残高証明書

寄附金控除

・寄付金受領証明書(ふるさと納税など)

 

会社に勤めている方やアルバイト・パートの方は、すでにこれらの書類を勤め先に提出しているケースがほとんどです。その場合は、二重に控除を受けないように注意しましょう。フリーランスでライバーを行っている方は、確定申告するタイミングで該当する書類を全て提出する必要があります。

Pococha(ポコチャ)の確定申告のポイント

 

 

ポコチャで得たライバー収益を確定申告する際、いくつかポイントを押さえるとスムーズに手続きが進められます。ここでは、確定申告のポイントを4つ紹介します。特に確定申告を自身で行ったことがない方は、ぜひ参考にしてください。

 

またLIVESTARでは、確定申告ができるソフト「freee」の使い方の説明や、提携先の税理士の紹介を行っています。もし税理士に依頼せずに自身で確定申告を行う場合は、これから紹介するポイントを押さえておきましょう。

所得の種類は雑所得か事業所得

ライバー収入を確定申告する際は、所得の種類を選択する必要があります。ライバーを副業としている場合は雑所得ライバーを専業としている場合は事業所得として申告できます。

 

またライバーとして開業届を提出している方は、「青色申告特別控除」として最大65万円の控除が受けられます。ただし、雑所得には青色申告特別控除が適用されないので注意しましょう。

経費として計算できるものを確認しておく

確定申告を行う時、収入から経費が差し引かれた所得を申告することとなります。経費を多く申告するほど、所得が減り納税額も軽減できます。納税額を抑えたい方は、できるだけ経費を多く計上すると良いでしょう。

 

またポコチャのライブ配信で経費として計上できるものは、以下の通りです。

 

・ライブ配信で使用した道具

・撮影機材や照明器具

・衣装

・イベントで使用した道具 など

 

何気なく購入したものも経費として計上できる場合があるので、レシートや領収書はこまめに残して管理しておきましょう。

控除書類を提出して節税する

該当する控除書類を提出すると、経費を計上せずに節税できます。

 

先ほども紹介しましたが、控除の種類と必要な主な書類は以下の表の通りです。

控除の種類

必要な書類

社会保険料控除

・国民健康保険料の支払い領収書

・生命保険料の控除証明書

医療費控除

・医療費の領収書

・医療費の明細

住宅ローン控除

・住宅ローン残高証明書

寄附金控除

・寄付金受領証明書(ふるさと納税など)

 

他にも扶養人数やひとり親など、控除が受けられる条件はさまざまです。LIVESTARが推奨している確定申告ソフト「freee」では、○×形式で質問に答えるだけで控除額が算出されます。そのため控除書類の見落としが避けられます。

記入する住所は事務所に確認しておく

確定申告を行う際には、書類に住所を記入する必要があります。フリーランスでライバーを行っている方は、自宅の住所を記入すると良いでしょう。

 

しかし事務所に所属しているライバーは、事務所の住所を記入すべきか、自宅の住所を記入すべきかを事務所に確認しましょう。確定申告の時期になると忙しくなると想定できるので、ある程度前持って確認しておくと良いです。

Pococha(ポコチャ)の確定申告例

 

 

Pocochaで毎月額面で税抜100万円の収益を得ている場合、納税額がいくらなのか計算方法を紹介します。ただし、その他の所得や経費がないと仮定したものです。

 

納めていた源泉徴収額は、100万円×10.21%×12ヶ月分=1,225,200円ということが分かります。

 

納税額は、年収1,200万円×税率33%−源泉徴収税1,225,200円=1,198,800円です。そのため源泉徴収税を事前に支払っていたとしても、確定申告後に追加で支払わなくてはいけないケースがあります。

Pococha(ポコチャ)の確定申告をしないとどうなる?

 

 

ポコチャで得た収益を確定申告しなかった場合は、無申告加算税や延滞税の支払いが課せられる恐れがあります。

 

無申告加算税は、原則として納付すべき税額に対して課せられます。50万円未満の部分は15%50万円以上の部分は20%の割合で納税額が算出されます。

 

ただし、税務署による調査を受ける前に自主的に申告をした場合は、通常の無申告加算税よりも軽減されます。50万円未満の部分は10%、50万円以上の部分は15%の割合で納税額が算出されます。

 

無申告加算税を免れるには、以下の条件を満たす必要があります。

 

・期限後申告が法定申告期限から1か月以内に自主的に行われている

・全額を法定納期限までに納付しているまたは、過去5年前までの間に無申告加算税や重加算税が課されていない

 

延滞税は、納税を延滞している期間によって課せられる割合が異なります。納税期限の翌日から2か月後までは、原則として年7.3%です。納税期限の翌日から2か月後以降は、原則として年14.6%です。

 

延滞税がかかる条件は、以下の通りです。いずれかの条件に該当する場合は、すでに延滞税を請求されている可能性があります。

 

・申告などで確定した税額を法定納期限までに完納しない

・期限後申告書または修正申告書を提出した場合で、納付しなければならない税額がある

・更正または決定の処分を受けた場合で、納付しなければならない税額がある

 

これらのペナルティを避けるためにも、確定申告は翌年2月16日〜3月15日の間に済ませておきましょう。

まとめ

ポコチャで得たライバー収入は、1月1日〜12月31日の1年間分を翌年2月16日〜3月15日の間に確定申告を行う必要があります。

 

ただし、専業ライバーは48万円副業ライバーは20万円を上回っていない場合は、確定申告をせずに済みます。

 

また確定申告を行う際には、収入や経費などを正しく記入しなくてはいけないので、収入を証明するものやレシート、領収書などの書類を準備する必要があります。

 

しかし、経費や控除書類を見落とすことで、上手に節税できないなどの注意点もあります。

 

ポコチャのライバー収入の確定申告を行う際には、本記事で紹介した必要な書類やポイントをぜひ参考にしてください。

 


私達LIVESTARは、所属ライバー実績3000名を超えた、日本トップクラス規模のライバー事務所です。

 

過去数千名のライバーマネジメントを通して培ったライブ配信におけるノウハウとマネジメントがあり、月間No1のライバーの輩出実績があります。

 

また、東証一部上場企業avex(エイベックス)グループ企業として、配信におけるマネジメントだけでなく、グッズなどの物販、郵送物対応、ラジオ番組への出演など、更なるサポートの幅を広げております。

 

下記のように、自分には当てはまらないと思っている方でも、

 

・フォロワーが少なくて、インフルエンサーじゃない。
・未経験だし、不安。
・トークに自信がない。
・パフォーマンスができる特技がない

 

新しく始める95%以上の方は、フォロワーもほとんどいなく、未経験の方ばかりですので、ご安心ください。

 

完全無料でスタッフによる相談も可能ですので、以下のボタンからLINE友達登録の後、ご応募お願いいたします!

執筆者プロフィール紹介

LIVESTAR Magazine 編集部

プロフィール