fbpx

LIVESTAR(ライブスター)|エイベックス・グループ日本最大級規模のライバー事務所」 LIVESTARは、ライバーが楽しく持続的な活動ができるようにサポートするライバープロダクションです。

ライバー応募はこちら!
ライバー応募はこちら!

Pococha(ポコチャ)のアカウント連携の解除方法を解説|SNSアカウントの変更はできないって本当?

サムネイル画像

Pococha(ポコチャ)の会員登録を行う際、アプリやSNSアカウントと連携する必要があります。

 

連携できるアプリやSNSはいくつか種類があり、自身がアカウントを持っているものを選択できます。

 

Pocochaの連携に関して、「後から解除できる?」「連携するとどうなるの?」などと疑問に思っていることがあるのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、Pocochaと連携できるアプリやSNS連携を解除する方法連携するメリット注意点を解説します。

 

またスマホの機種変更時のアカウントの引継ぎ方もお伝えするので、これからスマホを買い換える方やすでに買い換えた方は、ぜひ参考にしてください。

 


私達LIVESTARは、累計3,000名以上のライバーのマネジメントを行ってきた、エイベックス・グループ傘下のライバー事務所です。

 

LIVESTARの所属ライバーになってみたい!という方は、以下のボタンから友達登録の後、応募をお願いいたします!

 

 

Pococha(ポコチャ)とアプリの連携方法と解除方法

 

 

Pocochaでは、新規会員登録の際にアプリと連携する必要があります。連携できるアプリの数だけ、Pocochaのアカウントを作成できます。しかし、Pocochaでは複数のアカウントを所持する行為は、禁止行為に該当するので注意しましょう。

 

ここでは、Pocochaとアプリを連携する方法解除する方法を紹介します。特に連携アプリを変更したい場合には、ぜひ参考にしてください。

 

今回はPocochaの「連携アプリやSNS」について解説しましたが、LIVESTAR MAGAZINEでは、Pocochaの「連携アプリやSNS」についてだけでなく、Pocochaで稼ぐために活用すべき機能やノウハウなども詳しく紹介しています。気になった方は是非チェックしてみてください!⇩

Pococha (ポコチャ) は時給制で安定して稼げる?収益を上げるための稼ぎ方のコツを紹介します!

 

とはいえ、記事では知れないようなもっと詳しい情報を知りたい、アドバイスが欲しいという方におすすめなのがライバー事務所です。プロのマネージャーがライブ配信のコツを1から丁寧に教えます。下記記事では「どうすれば事務所に入れるのか」「おすすめはどこか」といったことを解説しているので、是非チェックしてみてください!⇩

Pococha(ポコチャ)ライバーになるには?収入やランキング、ライバー募集中の事務所まで一挙大公開!

アプリとの連携方法

Pocochaとアプリを連携するタイミングは、新規会員登録を行う時です。アプリと連携する方法は、アプリによって少し異なります。

 

アプリとの連携方法は、以下にある表の通りです。

アプリ

連携方法

Twitter

1.最初にアプリがインストールされているのかを確認する

 

2.表示された連携するアカウントのアイコンを確認し、アクセスの許可を行う

Facebook

1.Facebookに登録している電話番号とメールアドレス、パスワードを入力する

LINE

1.最初にアプリがインストールされているのかを確認する

 

2.表示されたアカウント情報を確認し、同意をする

Google

1.Googleに登録しているメールアドレスとパスワードを入力する

Apple

1.Apple IDに登録しているIDとパスワードを入力する

 

アプリとの解除方法

Pocochaとアプリの連携を解除するには、各アプリで手順を進める必要があります。そのためアプリによって、解除する手順が少し異なります。

 

アプリとの解除方法は、以下にある表の通りです。

アプリ

解除方法

Twitter

1.Twitterのメニューから「設定とプライバシー」をタップする

 

2.「アカウント」をタップする

 

3.「アプリとセッション」をタップする

 

4.連携しているアプリから「Pococha」を選択し、「アクセス権を取り消す」をタップする

Facebook

1.Facebookの横3本線マークのメニューをタップする

 

2.iPhoneの場合は、「設定とプライバシー」をタップした後「設定」をタップし、「アプリとウェブサイト」を選択する

 

Androidの場合は、「アカウント設定」を選択し、「アプリ」をタップする

 

3.「Facebookでログイン」をタップし、連携アプリから「Pococha」を選択する

 

4.「削除」をタップする

LINE

1.LINEのホーム画面の右上にある「⚙マーク」をタップする

 

2.「アカウント」をタップする

 

3.「連動アプリ」をタップする

 

4.連動アプリの一覧から「Pococha」を選択し、「アプリ連動解除」をタップする

 

5.「OK」をタップする

Google

1.Googleアプリ(GmailやGoogleドライブなど)を開き、アイコンマークをタップし、「Googleアカウントを管理」をタップする

 

2.メニューから「セキュリティ」を選択し、「サードパーティによるアクセスを管理」をタップする

 

3.「Pococha」を選択し、「アクセス権を解除」をタップする

Apple

1.設定を開き、「Apple ID」をタップする

 

2.「パスワードとセキュリティ」を選択し、「Apple IDを使用中のApp」をタップする

 

3.「Pococha」を選択し、「Apple IDの使用を停止する」をタップする

 

4.「使用を停止する」をタップする

 

Pococha(ポコチャ)と連携できるSNSアプリとは?

 

 

Pocochaと連携できるアプリは、以下の5つです。

 

・Twitter

・Facebook

・LINE

・Google

・Apple ID

 

ただし、Apple IDは iPhoneでしか連携できません。そのためAndroidの場合は、Pocochaと連携できるアプリの数が4つとなります。

 

またPocochaでは、アプリと連携した後にアカウントを変更することはできません。そのためどのアカウントと連携したのかや、アカウントを削除しないように注意しましょう。

Pococha(ポコチャ)とアプリを連携するメリット

 

 

Pocochaでは、いずれかのアプリと連携しないと新規登録が行えません。中には、「Pocochaとアプリを連携させるメリットって何?」と思っている方もいるでしょう。

 

ここでは、Pocochaとアプリを連携するメリットを3つ紹介します。

IDとパスワードを覚えなくて済む

Pocochaとアプリを連携させると、Pococha用のIDやパスワードを新たに設定する手間が省けます。新規登録時にログイン情報を保存しておくと、2回目以降のログイン時ではIDとパスワードを入力する必要がなくなります。そのためわざわざIDとパスワードを覚える必要がなくなり、スムーズにログインできるようになります。

 

また、新規登録を簡単に済ませられる点もメリットの1つです。中には個人情報やパスワードの設定が面倒で、新規登録を避ける方もいるでしょう。しかしPocochaでは、各アプリのアクセス権を得たり、同意を得たりすることで簡単に登録できます。すぐにライブ配信を始めたい方には、Pocochaがおすすめです。

配信開始ツイートができる

PocochaとTwitterを連携させると、配信開始ツイートを簡単に行えます。配信開始ツイートとは、これからライブ配信を行う旨をTwitterでつぶやける機能です。自分で文章を打つ必要がなくなるので、気軽に宣伝できます。配信開始ツイートは、配信準備画面にある「ツイート設定」から行えます。

 

 

また配信開始ツイートをきっかけに、ライブ配信に参加するリスナーもいるでしょう。配信開始ツイートを習慣化することで、新規リスナー獲得にもつながるでしょう。リスナーにとっても、ライブ配信を見逃しにくいというメリットもあります。

 

もしライブ配信を見逃してしまうと、そのまま見れなかったり、アーカイブで見る方法しかありません。アーカイブの場合は、アイテムによるエフェクトが表示されないだけではなく、コメントやアイテムが贈れないので理解しておきましょう。

タグツイートができる

PocochaとTwitterを連携すると、自動タグツイートの設定ができるようになります。自動タグツイートとは、配信中に付けられたタグを15分間に1回のペースでツイートする機能です。配信準備画面にある「ツイート設定」から設定が行えます。

 

 

またタグツイートを行うと、応援ポイントが加算されるメリットがあります。もらえるポイント数は、ランクによって異なります。

ランク

もらえる応援ポイント数

S1〜S6

1ツイートにつき1,000ポイント

A1〜A3

1ツイートにつき500ポイント

 

ただし、ランクがE1〜B3の場合は、自動タグツイート機能自体使えないので注意しましょう。

 

またタグツイートの回数には上限がありませんが、応援ポイントの付与上限は1日10回までです。S1〜S6は最大10,000ポイントA1〜A3は最大5,000ポイントとなっています。

Pococha(ポコチャ)と連携する際の注意点

 

 

Pocochaとアプリを連携するメリットはいくつかありますが、注意点もいくつかあります。そのためPocochaの新規登録を行う際には、事前にどのような注意点があるのかを確認すると良いでしょう。

 

ここでは、Pocochaとアプリを連携する注意点を2つ紹介します。

1度設定すると変更できない

Pocochaとアプリを連携すると、後から別のアカウントに変更することができません。そのためどのアカウントと連携するのか、事前に決めておきましょう。適当に連携するアカウントを選ぶと、どのアカウントと連携したのか忘れる恐れがあります。

 

またApple IDは、iPhoneでしか設定できません。これから機種変更してもiPhoneにする場合は問題ありませんが、iPhoneからAndroidに変えてしまうとログインできなくなります。そのためApple IDで設定する場合は、Androidに機種変更しない前提で設定しましょう

連携アプリを削除するとログインできない

Pocochaと連携しているアプリやアカウントを削除すると、ログインできなくなるので注意しましょう。自分の意思で削除しない場合でも、各アプリの運営側にアカウントをバンされる恐れも考えられます。そのため、Pocochaだけではなく連携しているアプリ内でも、ペナルティを受けないように配慮しましょう。

 

またログインできない場合は、新たにPocochaアカウントを作成する必要があります。以前まで使っていたアカウントのコインやランクなどは全てなくなるのを理解しておきましょう。

機種変更時の連携アプリの引き継ぎ方

 

 

機種変更時には、Pocochaと連携しているアプリとアカウントを知っていれば、簡単にデータの引き継ぎができます。データの引き継ぎ方法は、以下の通りです。

 

1.連携していたアプリをインストールし、連携アカウントでログインしておく

2.Pocochaのアプリをインストールし、ログイン画面で連携アプリをタップする

3.連携中のアカウントを選択し、各アプリで同意またはアカウント情報を入力し完了

 

通常のログイン方法と同じように、データを引き継ぐ方法も簡単です。そのため機種変更したからといって、Pocochaのアカウントを作り直す必要がないということを理解しておきましょう。

注意点

Pocochaのデータを引き継ぐ際、連携しているアプリのアカウントを忘れるとログインできなくなるので注意しましょう。Pocochのログイン情報=連携しているアカウントのログイン情報でもあるので、初めに設定した連携アプリのアカウントの情報は紛失しないようにしましょう。

 

また連携しているアプリのアカウントが乗っ取られると、Pocochaのアカウントまで乗っ取られる恐れがあります。そのためログインできなくなるのを防ぐためだけではなく、乗っ取られるのを防ぐためにもアカウント情報の管理は大切です。

 

1つのアプリで複数のアカウントを持っている場合は、どのアカウントとPocochaを連携していたのか忘れるケースがあります。もし上手くログインできなかった場合には、違うアカウントでログインしてみましょう。

 

Pocochaになかなかログインできない時は、Pocochaの運営側に問い合わせることもおすすめです。Pocochaの問い合わせ先は、「support@pococha.com」です。ただし、対応してもらえるまで時間がかかる恐れがあります。

Pocochaと連携したSNSのアカウントがバレる恐れはある?

 

 

中には、「連携したSNSアカウントがバレるのが怖い」と思っている方もいるでしょう。しかしPocochaとSNSアカウントを連携した場合、基本的には連携したアプリがバレることはありません

 

ただし、以下の場合はSNSアカウントがバレてしまうので注意しましょう。

 

・Pocochaのプロフィール欄にアカウント情報を記載している

・配信開始ツイート機能を利用したことがある

・自動タグツイート機能を利用したことがある

・PocochaアカウントとSNSアカウントのプロフィール画像やユーザー名が同じである

・SNSアカウントにPocochaアカウント情報を記載している

 

知り合いがSNSアカウントを他人にバラしたりなど、他にもバレる原因がいくつかあります。どうしてもバレたくない方は、TwitterやFacebookなどのSNSアカウントではなく、GoogleアカウントやApple IDと連携することをおすすめします。

 

ただし、SNSアカウントがバレるのは悪いことだけではなく、宣伝効果にもつながるというメリットもあります。SNSアカウントでPocochaのアカウントを宣伝したり、配信開始ツイート機能を活用したりすると、新規リスナーが増えるきっかけとなる可能性があります。

まとめ

Pocochaで連携できるアプリやSNSは、Twitter・Facebook・LINE・Google・Apple IDの5つです。

 

Pocochaとアプリを連携することで、ログイン時のIDやパスワードを入力する手間が省けたり配信開始ツイートやタグツイートができたりするなどのメリットがあります。

 

ただし、連携したアプリは後から変更できず、もし連携アプリのアカウントを紛失した場合はPocochaへログインできなくなるので注意しましょう。

 

とはいえPocochaの新規登録を行うには、アプリやSNSと連携する必要があるので、紛失する恐れが少ないアカウントを選ぶことがポイントです。

 

Pocochaを利用する際には、アプリとの連携に関するメリットや注意点を把握した上でアカウントを作成しましょう。

 


私達LIVESTARは、所属ライバー実績3000名を超えた、日本トップクラス規模のライバー事務所です。

 

過去数千名のライバーマネジメントを通して培ったライブ配信におけるノウハウとマネジメントがあり、月間No1のライバーの輩出実績があります。

 

また、東証一部上場企業avex(エイベックス)グループ企業として、配信におけるマネジメントだけでなく、グッズなどの物販、郵送物対応、ラジオ番組への出演など、更なるサポートの幅を広げております。

 

下記のように、自分には当てはまらないと思っている方でも、

 

・フォロワーが少なくて、インフルエンサーじゃない。
・未経験だし、不安。
・トークに自信がない。
・パフォーマンスができる特技がない

 

新しく始める95%以上の方は、フォロワーもほとんどいなく、未経験の方ばかりですので、ご安心ください。

 

完全無料でスタッフによる相談も可能ですので、以下のボタンからLINE友達登録の後、ご応募お願いいたします!

執筆者プロフィール紹介

LIVESTAR Magazine 編集部

プロフィール