fbpx

LIVESTAR

ライバー応募はこちら!
ライバー応募はこちら!

TikTokのライブ配信のやり方とは?コラボ配信や画像配信などのやり方について徹底解説!

サムネイル画像

[PR]

TikTokは短尺動画を配信できるSNSの一つですが、ライブ配信も行えます。

 

中には、「TikTokのライブ配信のやり方がわからない」「TikTokのライブ配信は誰でもできるの?」と、さまざまな疑問を持っている方がいるのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、TikTokで行えるライブ配信とやり方ライブ配信を行う上で必要な条件を紹介します。

 

他にも、TikTokのライブ配信で使える機能メリットや注意点もお伝えするので、はじめてTikTokのライブ配信にチャレンジする方はぜひ参考にしてください。

顔出しなしでライブ配信するなら
【IRIAM】

おすすめポイント
  • 顔出しなしで気軽にライブ配信できる
  • オリジナルキャラクターでバーチャルライブが可能!
  • ランクや配信時間に応じて報酬が増える仕組みあり

IRIAMは顔出しなしでライブ配信が可能なアプリ!イラストを1枚用意するだけで、オリジナルキャラクターでのバーチャル配信が高画質・低遅延でできます

またIRIAMではギフトやポイントを通じて収益を得られるほか、ランクや配信時間に応じて報酬が増える仕組みがあり、ライブ配信初心者でも稼ぎやすいのが特徴です。ぜひIRIAMをダウンロードし、Vライバーデビューしてみましょう!

【IRIAM】をダウンロード!
iPhoneの方はコチラ
【IRIAM】をダウンロード!
Androidの方はコチラ

私達LIVESTARは、累計15,000名以上のライバーのマネジメントを行ってきた、エイベックス・グループ傘下のライバー事務所です。

 

LIVESTARの所属ライバーになってみたい!という方は、以下のボタンから友達登録の後、応募をお願いいたします!

 

TikTokとは?

 

引用元:TikTok

 

TikTokとは、最大180秒の動画を投稿できるSNSの一つです。もともと15秒以内の動画しか投稿できませんでしたが、最大60秒、最大180秒と投稿できる動画の長さが長くなりました。

 

また、動画の投稿本数に制限がないので、180秒を超える動画は続編として数本に分けての投稿が可能です。

 

アプリ版TikTokでは、テキストを挿入したりなどの動画編集ができます。撮影から動画編集、投稿までアプリ一つで完了するので、編集に関する専門的な知識なしで魅力的な動画の作成が可能です。

 

他にも、TikTokでは動画の投稿だけではなく、ライブ配信もできます。TikTokでのライブ配信は、リアルタイムで言葉や映像を届けられるので、ファンにとっては見逃せないでしょう。

 

TikTokでより多くのフォロワーを獲得したい方は、ぜひTikTokのライブ配信を活用してみましょう。

TikTokのライブ配信の特徴とは?

 

 

TikTokでのライバー活動を検討している方は、TikTokのライブ配信の特徴を押さえておくことが大切です。

 

ここでは、TikTokのライブ配信の特徴について、メリットとデメリットをご紹介します。

メリット

ここでは、TikTokのライブ配信のメリットを4つご紹介します。

リアルタイムで情報を発信できる

TikTokライブでは、リスナーとのリアルタイムな対話が可能です。コメントやギフトを通じて、リスナーとコミュニケーションをとりながらコンテンツを配信することができます。

 

ライブ中にリスナーからのコメントやリアクションを受け取ることが可能です。リスナーの意見や反応などのフィードバックを即座に取り入れることで、コンテンツの質を向上させられるでしょう。

 

また、TikTokライブを利用することで、特別なイベントや重要なアナウンスをリアルタイムでリスナーに伝えられます。たとえば、製品の発売情報、プロモーションの告知、イベントへの招待などを即座に共有することで、リスナーの関心を引くことができるでしょう。

 

TikTokライブは即時性があり、急なトピックやトレンドに対応するのに適しています。急な出来事や話題の動向に合わせて、リアルタイムでコンテンツを提供することも可能です。

レコメンド機能により認知度が上がりやすい

レコメンド機能とは、TikTokのユーザーが過去に視聴・いいねをつけたコンテンツや行動履歴を分析し、それにもとづいて似たような興味を持つユーザーに新しいコンテンツを提供するものです。

 

今まで視聴したことがないライバーでも、レコメンド機能によって表示される可能性が高いため、ひと目でも見てもらえる可能性があります。そのため、一目見た第一印象やライブ配信に実際に参加してわかった印象などによって、認知度が高まりやすいです。

 

また、TikTokはリスナーの嗜好やインタラクションに基づいてコンテンツを提供することで、ユーザーエンゲージメントを高めます。ライブ中のコメントやリアクションに対してリアルタイムで応答することで、アルゴリズムがそのコンテンツをさらに推薦しやすくなるでしょう。

 

TikTokでは、トレンドやハッシュタグを利用することで、より多くのユーザーにアクセスしやすくなります。ライブ中に特定のトレンドやハッシュタグを取り入れることで、そのコンテンツがトレンドリストに表示され、多くのユーザーにアピールできます

悪質なコメントやアカウントはブロックできる

ライブ中に悪質なコメントが出現すると、ほかのリスナーやライバーにとって不快であるだけでなく、コミュニティ全体の雰囲気や安全性に悪影響を与える恐れがあります。ブロック機能を利用することで、悪意のあるコメントを排除し、コミュニティの安全性を向上させることができます。

 

悪質なコメントがなかには、個人情報を含むものもあります。ブロック機能を使用することで、ライバーやリスナーが個人情報を守ることができます。これは、プライバシーの尊重と安全性確保の一環です。

 

またライブ中に特定のリスナーが不適切な行動を続ける場合、そのリスナーをブロックすることでストーカー対策となります。これにより、ライバーやほかのリスナーが安心してコンテンツを楽しむことができます。

 

ブロック機能を活用すると、悪質なコメントやアカウントがコンテンツの品質を低下させるのを防ぐことが可能です。良質なコンテンツを提供し、快適な視聴体験を保つためには、不適切な行動に対処することが重要です。

簡単にコラボ配信ができる

TikTokのライブ配信では、ほかのライバーとコラボして配信することが可能です。複数のライバーが同時に参加でき、協力することで、より多彩で面白いライブ配信が実現できます。

 

TikTokのコラボ配信では、新しいアイデアや視点が交わり、リスナーに新しいエンターテインメント体験を提供できるでしょう。たとえば、音楽とダンス、料理とコメディなどの組み合わせが考えられます。

 

またコラボレーションは、参加する各クリエイターのファン層を結びつけ、相互にファンを紹介し合う良い機会となります。これにより、リスナーが新しいクリエイターに興味を持ち、ファン層が拡大する可能性が高まるでしょう。

デメリット

ここでは、TikTokのライブ配信のデメリットを4つご紹介します。

誰でも配信できるとは限らない

TikTokでライブ配信を行うには、以下のような条件を満たす必要があります。

 

  • 18歳以上である
  • フォロワー数が50人以上である
  • 質の高いコンテンツを投稿している

 

TikTok自体は、16歳以上の条件を満たせば利用できます。しかし、ライブ配信の機能は、18歳以上でなくては利用できないので、TikTokユーザーのなかには年齢の条件を満たせず、配信できない方がいるでしょう。

 

また、フォロワー数50人以上は、定期的に投稿していれば達成できる可能性が高いです。動画を作成するときは、特定のコミュニティガイドラインに従うことが求められています。ガイドラインに違反するコンテンツを投稿したり、ライブ中に問題が発生すると、ライブ機能の制限や停止が課せられる可能性があるので注意しましょう。

緊張で思い通りに話せない

ライブ配信は通常、リアルタイムで行われるため、過去の動画とは異なり修正や編集が難しいです。これが緊張を引き起こし、思考や発言がスムーズに進まなくなる一因となります。

 

ライブ中は、リスナーからのコメントやリアクションが直接伝わります。これにより、リスナーとのリアルタイムな対話が生まれ、その反応に対して緊張やプレッシャーを感じることがあるでしょう。

 

またライブ中には、予期せぬ問題が発生する恐れがあります。技術的な問題や配信中の意外なトラブルが緊張感を増加させ、思考や話すスキルに影響を与えることがあります。

 

ライブ配信は一種のパフォーマンスであると捉えられ、これが緊張を引き起こす要因となります。ライバーはリスナーに良い印象を与えようと努力し、それが逆に緊張を引き起こす場合があるでしょう。

誹謗中傷や悪意のあるコメントがある

誹謗中傷や悪意のあるコメントが出現すると、それがライバーやほかのリスナーに対して不快なユーザー体験をもたらします。これにより、ライブの雰囲気が悪化し、楽しいコンテンツが妨げられる可能性があります。

 

誹謗中傷や悪意のあるコメントを受けることは、ライバーにとって精神的な負担となります。特に、はじめてライブを行う場合や、悪意のあるコメントに敏感な場合は、これが心理的なストレスとなります。

 

また誹謗中傷が広まると、ライブのコミュニティ全体に悪影響を与える可能性があるでしょう。ほかのリスナーも不快に感じ、コミュニケーションの質が低下する場合があります。

 

誹謗中傷が多いコンテンツを見たり、悪意のあるコメントを目撃したりすることで、新規ユーザーがライブに参加する意欲が減少するケースもあります。これが成長を妨げ、ファンベースの拡大を阻害する可能性があるでしょう。

身バレする可能性がある

TikTokライブはリアルタイムで行われ、リスナーと直接対話することが求められます。そのため、顔や声、環境などがリアルタイムで配信されるため、身元が特定される可能性が高まります。

 

ライブ中には、ライバーが自身の生活や環境について言及することがあります。これにより、地元や職場、趣味などから身元が特定される可能性があります。

 

またTikTokのアカウントは、ほかのSNSと連携されているケースが多いです。ライブ中に特定の情報が漏れた場合、ほかのSNSでの活動と結びつけられ、身元が特定される可能性があるでしょう。

TikTokのライブの種類とやり方

 

 

TikTokでは、さまざまな種類のライブ配信が行えます。ライブ配信を行う前に、どのような種類のライブを行うか決めておきましょう。

 

ここでは、TikTokのライブ配信の種類とやり方を紹介します。ライブ配信の種類によって、やり方や準備するものが異なるので確認しましょう。

通常配信

TikTokの通常配信は、ライブ配信の種類の中でも最もスタンダードな配信方法です。配信内容は、ダンス動画やおしゃべり動画、商品紹介動画などさまざまです。特に商品紹介動画は生で配信できることにより、企業のTikTokアカウントも増えています。

 

TikTokの通常配信のやり方は、以下の通りです。

 

1.下部メニューにある「+マーク」をタップする

 

 

2.動画の種類から「LIVE」を選択する

 

 

3.最後に「ライブを開始」をタップしてライブをはじめる

 

ただし、ライブ配信を行う上での条件を満たしていない場合、動画の種類を選択する段階で「LIVE」という文字は表示されません。そのためTikTokのライブ配信をはじめる前に、条件を満たせているか「LIVE」という文字の有無を確認しましょう。

画像配信

 

 

画像配信は、通常配信とは異なり、映像ではなく画像をサムネイルのように固定させながらライブ配信ができる配信方法です。画像配信を行うには、エフェクトを設定する必要があります

 

TikTokの画像配信のやり方は、以下の通りです。

 

1.下部メニューにある「+マーク」をタップする

 

 

2.動画の種類から「LIVE」を選択する

 

 

3.エフェクトのGreenScreenにある以下の画像のものを選択する

 

引用元:How to use TikTok’s green screen effects

 

4.ライブ配信中に固定する画像をフォルダ内から選択する

5.最後に「ライブを開始」をタップしてライブをはじめる

 

ただし、画像配信中にスマホを顔に向けると、顔が映ってしまうので注意しましょう。そのため画像配信中は、天井や壁などにスマホを向けて配信を行うと良いでしょう。

ゲーム配信

TikTokのライブ配信では、ゲームのプレイ状況を配信できます。TikTokでゲーム実況のライブ配信を行いたい場合は、OBS配信を行う際に必要な申請を行わなくてはいけません。申請する場合は、こちらの申請フォームから手続きを行いましょう。

 

TikTokのゲーム配信のやり方は、以下の通りです。ここでは、OBS配信の申請を行った後に、パソコン画面をTikTokで配信する流れを紹介します。

 

1.サーバーURLとストリームキーを取得する

 

・アプリ版TikTokの場合は、ライブ開始画面の下部にある「PC/Macのキャスティング」をタップする

・ブラウザ版TikTokの場合は、ログイン後の左部に表示される「Go LIVE」をクリックする

 

2.こちらからOBSをダウンロードする

 

 

3.ダウンロードした後にOBSを起動し右下にあるメニューから「設定」をクリックする

 

 

4.次に左側にあるメニューから「配信」をクリックする

 

 

5.サービスから「カスタム」をする

 

 

6.サーバー欄とストリームキー欄のそれぞれにTikTokから取得したものを入力する

 

 

7.右下にある「OK」をクリックする

 

 

8.OBSのホーム画面の左下にあるソース欄の「+マーク」をクリックする

 

 

9.出力するメディアを選択する

 

 

10.ソースから「音声出力キャプチャ」を設定する

 

 

11.右下にあるメニューから「配信開始」をクリックする

 

 

12.TikTokのライブ配信画面上にある「ライブを開始」をタップする

 

OBS配信を行う場合は、OBSとTikTokとともにライブ配信が開始されないと、ライブ配信がスタートしないので注意しましょう。また音声出力キャプチャを設定しないと、無音で配信が開始されてしまいます。

 

スマホゲームを配信したい場合は、パソコンの画面上にスマホ画面を映し出す必要がありますHDMIケーブルを接続する方法は、WindowsやMacのどちらでもできるのでおすすめです。

フォロワー限定配信

 

 

フォロワー限定配信は、その名の通りフォロワーのみが閲覧できる配信を指します。いつも応援してくれてるフォロワーに対して、プレゼント企画を行ったり、イベントを行ったりする際におすすめです。

 

TikTokのフォロワー限定配信のやり方は、以下の通りです。

 

1.下部メニューから「プロフィール」をタップする

 

 

2.右上にある横3本線のマークをタップする

 

 

3.「設定とプライバシー」をタップする

 

 

4.アカウントメニューから「プライバシー」をタップする

 

 

5.非公開アカウントをオンにする

 

 

6.ホーム画面に戻り下部メニューにある「+マーク」をタップする

 

 

7.動画の種類から「LIVE」を選択する

 

 

8.最後に「ライブを開始」をタップしてライブをはじめる

 

コラボ配信

コラボ配信は、他のTikTokユーザーと一緒にライブ配信ができる配信方法です。コラボできる相手は、相互フォローしているユーザーTikTokからおすすめされたユーザーです。こちらから招待を送った場合は、相手が招待を承認したらコラボ配信が開始します

 

また、他のユーザーからコラボ配信の招待を受けると、通知が届きます。もしコラボ配信の招待を受け取りたくない場合は、設定画面から「招待を受け取らない」を選択すると自動的な拒否が可能です。

 

TikTokのコラボ配信のやり方は、以下の通りです。

 

1.下部メニューから「+マーク」をタップする

 

 

2.動画の種類から「LIVE」を選択する

 

 

3.左下にある「コラボマーク」をタップしてコラボ相手を選択する

4.最後に「ライブを開始」をタップしてライブをはじめる

 

バトル/対戦配信

 

 

バトル/対戦配信は、コラボ配信の機能の一つで、バトル中に受け取ったギフト数で競うライブ配信です。バトル/対戦配信で勝利した場合、受け取ったギフトの35%を賞金として受け取れます。通常のライブ配信よりも、短時間でより多くのギフトを集めやすい点がメリットです。

 

また対戦時間は、5分間です。勝敗が決まった後は、3分間ライブ配信が続きます。

 

TikTokのバトル/対戦配信のやり方は、以下の通りです。

 

1.下部メニューから「+マーク」をタップする

 

 

2.動画の種類から「LIVE」を選択する

 

 

3.左下にある「コラボマーク」をタップしてコラボ相手を選択する

4.「ライブを開始」をタップしてライブをはじめる

5.左下にある「対戦ボタン」をタップする

6.スタートボタンをタップし対戦相手を選択する

7.対戦相手が承認したらバトル配信がはじめる

TikTokのライブに必要な条件

 

 

TikTokのライブ配信をはじめるには、まず条件を満たす必要があります。条件を満たさなければ、動画の種類を選択する段階で表示される「LIVE」という文字すら表示されません。

 

ここでは、TikTokのライブ配信に必要な条件を紹介します。

16歳以上

TikTokのライブ配信をはじめるときは、まず16歳以上である必要があります。16歳以上でも未成年である場合は、一応保護者から許可を得ておくと安心です。万が一ライブ配信中にトラブルが起こったとき、スムーズに保護者に相談できるでしょう。

 

また、TikTok自体、13歳未満のお子さんは利用できません。韓国やインドネシアの場合は、14歳未満の利用を禁止しています。もし13歳または14歳未満でTikTokを利用すると、アカウントを永久停止されてしまいます

 

TikTokのライブ配信を行う際だけではなく、TikTok自体を楽しみたい方は、年齢制限に引っかかっていないか確認してください。

TikTokが定めている基準を満たす

 

 

次に、TikTokが定めている基準を満たす必要があります。詳しい基準は、TikTokの公式サイトなどで記載されていないので、多数の記事に共通する基準を紹介します。

 

TikTokが定めている基準は、以下の通りです。

 

・質の高いコンテンツを投稿している

・フォロワーが一定数以上いる

 

TikTokにおける質の高いコンテンツとは、再生回数やいいね数など反響のあるコンテンツを指します。質の高いコンテンツの数が多ければ多いほど、TikTokの運営側からの信頼度が上がるでしょう。

 

反響のあるコンテンツを作成するために、まずは流行りの動画の投稿からチャレンジしてみると良いでしょう。他のユーザーが投稿している動画や、おすすめに表示される動画を参考にするのをおすすめします。

 

また、TikTokのライブ配信をするには、一定数のフォロワーを獲得する必要があります。詳しいフォロワー数は掲載されていませんが、400人〜500人程度という方がいれば、1,000人以上という方もいます。

 

コンテンツを作成し投稿しながら、まずはフォロワー500人を目指すと良いでしょう。

TikTokのライブで使える機能とやり方

 

 

TikTokのライブ配信では、配信中にさまざまな機能が使えます。ただ配信するだけではなく、どのような機能があるか把握しておき、ライブ配信でぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

ここでは、TikTokのライブ配信で使える機能とやり方を紹介します。

投げ銭機能

TikTokでは、ライブ配信アプリのように投げ銭機能が使えます。もらったギフトは、PayPalを通して現金として換金できます。明確な換金率は掲載されていませんが、もらったギフトの約30%〜50%が換金可能といわれています。

 

また、TikTokのライブ配信は16歳から利用できますが、投げ銭機能は20歳以上でないと利用できません。20歳以上でもギフトが送れない場合は、ライバーがギフトの受け取りをオフにしている可能性があります。

 

投げ銭機能のやり方は、以下の通りです。

 

1.ライブ配信の視聴画面の下部にある「ギフト」をタップする

 

 

2.送りたいギフトを選択して「送信」をタップする

 

 

3.コイン枚数が足りない場合は右下にある「チャージ」をタップして商品を選択する

 

 

4.下部にある「チャージ」をタップする

 

 

5.もう一度送りたいギフトを選択して「送信」をタップする

エフェクト機能

TikTokのライブ配信では、エフェクト機能を使って配信画面を加工できます。エフェクトを設定する際は、ライブ配信を開始する前後で設定が可能です。そのためライブ配信前に設定してエフェクトを変更したい場合、配信を開始した後でも変更できます。

 

ライブ配信でエフェクト機能を利用するには、左下にある「エフェクト」をタップすると設定できます。好きなエフェクトをタップするだけで設定できるので、はじめてライブ配信する方でも簡単に利用できるでしょう。

 

 

また、エフェクトを選択した際に表示される「ブックマーク」をオンにすると、「セーブ済み」欄に表示されます。気に入ったエフェクトや、使用頻度が多いエフェクトをセーブ済みに追加すれば、わざわざ探す必要がないのでおすすめです。

 

 

 

インサイト分析機能

TikTokでは、インサイト分析機能を利用できます。インサイト分析機能では、投稿ごとのデータプロフィール表示回数フォロワー数の推移などの分析が可能です。特にTikTokの企業アカウントを運営している方におすすめの機能です。

 

インサイト分析機能のやり方は、以下の通りです。

 

1.下部メニューにある「プロフィール」をタップする

 

 

2.右上にある横3本線のマークをタップする

 

 

3.「クリエイターツール」をタップする

 

 

4.一般メニューから「インサイト」をタップする

 

 

5.「オンにする」をタップして設定完了

 

 

ただし、最低でも動画を1本投稿しなければ、「オンにする」というボタンが表示されないので注意しましょう。また投稿する動画は、全体公開である必要があるので、フォロワー限定などの動画は対象となりません。

 

TikTokでライブ配信を行う際には、ライブ配信によりどれくらいフォロワーが増えるか、インサイト分析機能を活用して確認すると良いでしょう。

コメントフィルター機能

TikTokのコメントフィルター機能とは、フォロワー限定のコメントのみを承認したり不快なコメントやスパムを非表示にしたりできる機能です。ライバー自信を守るためにも必要な機能ですが、見ている視聴者も不快な気持ちにならないようにするために大切です。

 

TikTokのコメントフォルター機能のやり方は、以下の通りです。

 

1.下部メニューから「プロフィール」をタップする

 

 

2.右上にある横3本線のマークをタップする

 

 

3.「設定とプライバシー」をタップする

 

 

4.アカウントメニューから「プライバシー」を選択する

 

 

5.アクティビティメニューから「コメント」を選択する

 

 

6.フィルターをかけたい対象コメントを設定する

 

フィルターをかけたコメントは、「フィルターされたコメントを見る」をタップすれば閲覧できます

画像共有機能

TikTokでは、動画やプロフィールを他のSNSなどで共有できる画像共有機能が利用できます。他のSNSからの流入を促せるので、宣伝に効果的でしょう。

 

プロフィールを共有するやり方は、以下の通りです。

 

1.下部メニューから「プロフィール」をタップする

 

 

2.右上にある横3本線のマークをタップする

 

 

3.「設定とプライバシー」をタップする

 

 

4.アカウントメニューから「プロフィールをシェア」をタップする

 

 

5.共有先を選択する

 

 

動画を共有するやり方は、動画を再生した際に表示される以下のマークをタップします。他にも楽曲やハッシュタグも共有できます。

コメント固定機能

TikTokのコメント固定機能は、ピン留めしたコメントが常に一番上に表示される機能です。自己紹介コメントや、動画配信内容を説明するコメントなどを固定している方が多いです。

 

コメント固定機能のやり方は、固定したいコメントを長押しして「コメントをピン留めする」を選択するのみです。もう一度同じコメントを長押しすると、「コメントのピン留めを解除する」が表示されます。

 

また、固定しているコメントと別のコメントを長押しすると、「ピン留めを入れ替える」が表示され入れ替えられます。

 

ただし、固定できるコメントは一つのみです。自分自身のコメントだけではなく、他のユーザーのコメントも固定できます。

モデレーター機能

TikTokのモデレーター機能は、ライブ配信中にライバーのサポートを行う機能です。ライブ配信者以外に配信をサポートすることで、誹謗中傷コメントやコメント内でのトラブルを少しでも防止できます。

 

また、モデレーター機能では、不適切なコメントをしたユーザーを非表示にしたりブロックしたりできます

 

モデレーターを設定するやり方は、以下の通りです。

 

1.ライブ配信に参加しているユーザーからモデレーターを依頼したい方のアイコンをタップする

2.「管理」をタップしてリストからモデレーターに設定する

 

一度モデレーターに設定すると、次回のライブ配信以降でも適用されます。モデレーターを依頼する前に、コンタクトを取っておき業務内容を相談しておくと良いでしょう。

TikTokのライブによるメリット

 

 

TikTokのライブ配信を行うことで、さまざまなメリットが得られる可能性があります。特にフォロワーを増やしたい方や、ライバーとして活動したい方は、ぜひTikTokでのライブ配信に力を入れてみてはいかがでしょうか。

 

ここでは、TikTokのライブ配信によるメリットを3つ紹介します。

フォロワーが増える可能性がある

TikTokのライブ配信では、リアルタイムで音声や映像を配信できるので、どのような方が配信しているか伝わりやすいです。そのためはじめてライブ配信を見た方でも、応援したいと感じてもらえれば、そのままフォローしているケースも多々あります。

 

また、ライブ配信でフォロワーを増やしたい場合は、一回きりではなく定期的に配信を行うのをおすすめします。ライブ配信の頻度が多いと、ユーザーから「次の配信も遊びに行こう」と思ってもらえる可能性が高まるでしょう。

ライバーのライバルが少ない

 

 

TikTokのライブ配信は、他のライブ配信アプリなどと比べると、ライバーの数が少ないです。そのためライバルが少なく、ファンを獲得する場としておすすめです。競争率も低いので、人気ライバーを目指している方は、TikTokでライバー活動をしてみてはいかがでしょうか。

 

また、TikTokのライブ配信で人気になれば、他のライブ配信アプリなどでも注目される可能性が高まります。「TikTokで有名なライバーだ」と認識されれば、YouTuberやInstagramなどの他のSNSでも活躍できるでしょう。

収益化できる

TikTokのライブ配信では、他のライブ配信アプリと同様に、投げ銭機能により収益化ができます。受け取ったギフトは、PayPalを通じて換金が可能です。

 

ライバーが受け取れる明確な換金率は記載されていませんが、ギフトの約30%〜50%ほどが収益として受け取れるといわれています。そのため受け取ったギフトのすべてを収益として受け取れるわけではないので、TikTokでライブ配信を行う際には理解しておきましょう。

TikTokのライブに関する注意点

 

 

TikTokのライブ配信では、メリットが得られる一方で注意すべき点もあります。そのためTikTokでライブ配信を行う際には、メリットの他に注意点も把握しておきましょう。

 

ここでは、TikTokのライブ配信に関する注意点を3つ紹介します。

個人情報が流出する恐れがある

TikTokのライブ配信を行う際には、部屋の間取りや郵便物などから個人情報が流出しないように注意しましょう。ライブ配信をきっかけで不特定多数の方に、住所などの個人情報がバレてしまう恐れがあります。

 

また、ユーザー名を仮名にしていても、郵便物に記載された氏名がライブ配信に映ってしまうと、本名がバレてしまいます。

 

個人情報の流出を防ぐためにも、ライブ配信を行う際には毎回同じ部屋で行うのがおすすめです。ライブ配信のために部屋を設けた場合には、郵便物を部屋に入れない、インテリアに注意する、などのポイントに着目すると良いでしょう。

ストーカー被害に遭う恐れが高まる

 

 

先ほど紹介したように、ライブ配信がきっかけで住所などの個人情報がバレてしまうケースがあります。住所が流出してしまうと、ストーカー被害に遭う恐れがあるので注意しましょう。

 

また住所が流出しているのに気付いた時点で、可能であれば引越しの検討をおすすめします。早めに引越しができれば、ストーカー被害を未然に防げる可能性が高まるでしょう。

 

ストーカー被害に遭ってしまった際には、警察への相談をおすすめします。ストーカー行為をしている方がTikTokのユーザーの中で心当たりがある場合には、TikTokの運営側に問い合わせてみると良いでしょう。

ルールを守らなければ強制終了になる

TikTokでライブ配信を行う際には、最低限のルールを守る必要があります。もしルールを破ってしまうと、ライブ配信中でも強制終了となる恐れがあります

 

TikTokで禁止されている行為やコンテンツは、以下の通りです。TikTokの「コミュニティガイドライン」を参考に紹介しています。

 

・14歳未満が配信しているコンテンツ

・危険な行為

・自殺や自傷行為、摂食障害

・成人ヌードと性行為

・いじめやハラスメント

・ヘイトによる振る舞い

・暴力的で過激な行為

・なりすましや虚偽

・犯罪行為や武器の使用の推奨

・ギャンブル関連

・プライバシーの違反

 

ライブ配信だけではなく、投稿する動画でも上記のルールに違反すると、削除される恐れがあるので注意しましょう。

TikTokのライブ配信で実際にあった活用効果

 

 

TikTokのライブ配信で活動する前に、どのような効果が得られるのか確認しておくと良いでしょう。

 

ここでは、TikTokのライブ配信で実際に会った活用効果を4つご紹介します。

フォロワーが増加した

TikTokのライブ配信では、リスナーとのリアルタイムな対話が可能です。フォロワーがライバーと直接コミュニケーションをとりながらライブを楽しむことで、リスナーはライバーに対して興味を持ち、フォローする意欲が高まります

 

リスナーがコメントやギフトを送ることで、ライバーはそれに対してリアルタイムで応答します。これにより、リスナーとの対話が深まり、フォロワーとして継続的にコンテンツを追いかけたくなる可能性があります。

 

またライブ配信では、ライバーがリアルな一面を見せることができます。そのため、フォロワーはライバーに共感し親近感を感じることで、フォロワー数の増加につながるでしょう。

 

ライバーがライブ中に特別なプレゼントやイベントを用意し、それに参加するフォロワーに対して特典を提供することで、フォロワー数を増やすことができます。リスナーに対する感謝の気持ちを表す一手段となります。

サービスの認知度が向上した

TikTokのライブ配信を通じて、新製品やサービスの紹介が行われる場合があります。ライバーが製品を実際に使用したり説明したりすることで、リスナーは製品やサービスに対する理解が深まり、その存在に気付いてもらえるメリットがあるでしょう。

 

ライブ配信中に、特別なプロモーションや割引キャンペーンが実施されるケースがあります。リスナーはサービスに対して特別な価値を感じ、積極的な参加や利用の動機が高まります

 

また、ハッシュタグやトレンドを活用してライブを宣伝し、それが広く拡散されることでサービスへの認知が広がる可能性があるでしょう。トレンドに合わせたクリエイティブなコンテンツが注目を集め、サービスがトレンドに乗ることで認知度向上に寄与します。

売り上げが上がった・収益化できた

ライブ配信中に特定の商品やサービスを紹介し、その場で購入できるようにすることで、直接的に売り上げが上がる可能性があります。リアルタイムでの商品デモや説明は購買意欲を刺激し、リスナーが製品やサービスを購入しやすくなります。

 

ライブ中に限定的なプロモーションや特別な割引を提供することで、リスナーを誘引しやすくなります。特別なライブ限定の価格や特典を用意することで、収益化につながるでしょう。

 

また、TikTokライブではリスナーがギフトやプレゼントをライバーに送ることができます。条件を満たしていれば、還元率に応じて収益化できるでしょう。

TikTokのライブ配信で役立つ情報

 

 

TikTokのライブ配信をはじめる前に、さまざまな数値を確認する方法を把握しておくことが大切です。

 

ここでは、TikTokのライブ配信で役立つ情報を3つの項目に分けてご紹介します。

リスナー数

TikTokのライブ配信でリスナー数を確認する方法は、配信画面の右上に表示されている数値を確認するだけです。

 

右上に表示されている数値をタップすると、トップリスナーが通常99人表示されます。コメント数やいいね、送ったギフトの数などから、トップリスナーが選出されていると考えられます。

フォロワー数

TikTokのライブ配信でフォロワー数を確認する方法は、左上にあるアイコンをタップするだけです。

 

フォロワー数が999人までなら単位がない状態で表示されますが、1,000人以上フォロワーがいる場合は「K」や「M」などの単位が用いられています。

 

「K」は、1,000を表す単位です。1Kは1,000人、10Kは1万人、100Kは10万人のフォロワーがいるといえます。

 

「M」は、100万を表す単位です。1Mは100万人、10Mは1,000万人、100Mは1億人のフォロワーがいるといえます。

 

「B」は、10億を表す単位です。1Bは10億人、10Bは100億人のフォロワーがいるといえますが、TikTokで「B」が用いられているユーザーは数少ないでしょう。

ギフトを送ってくれたリスナーや報酬額

ギフトを送ったリスナーや報酬額を確認する方法は、いくつかあります。なかでも、スタンダードな確認方法をご紹介します。

 

1.ホーム画面の下にあるメニューから「プロフィール」をタップする

2.右上にあるメニューをタップする

3.「設定とプライバシー」を選択する

4.「ポケット」をタップする

5.「LIVEのギフト」をタップして取引履歴を表示する

 

TikTokのライブ配信を始めるなら事務所所属がおすすめ!メリットとは?

 

 

TikTokでライバー活動をしたいと思っている方は、ライバー事務所への所属を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ここでは、TikTokのライブ配信をはじめたい方に事務所への所属をおすすめする理由を3つご紹介します。

TikTokのライブに必要な知識を身につけられる

ライバー事務所は、ライバーに対してトレーニングやサポートを提供します。事務所が提供するトレーニングを受けることで、配信技術やリスナーとの対話のスキルを向上させられるでしょう。

 

ライバー事務所は、TikTokのアルゴリズムやプラットフォームの特性についての知識を持っています。ライバーはどのようなコンテンツが注目されやすいか、リスナーの興味を引くための戦略を学べます

 

また、ほかのクリエイターとのネットワークが広がります。クリエイターコミュニティでは、経験者が情報やアドバイスを共有し合うケースがあり、TikTokのライブにおいて有益な知識を得られるでしょう。

配信に関わるサポートをしてもらえる

ライバー事務所は、新たなライバーや既存のメンバーに対してトレーニングを提供します。サポート内容には、ライブ配信におけるコツやテクニック、リスナーとの対話方法などが含まれます。ライバーはプロフェッショナルな指導を受けることで、スキルを向上させ、魅力的なコンテンツを生み出せるでしょう。

 

ライバー事務所は、ライバーが制作するコンテンツに対してアドバイスするケースもあります。どのようなテーマやアプローチが視聴者に受け入れられやすいか、どのトレンドが注目されているかなどのアドバイスを通じて、ライバーは効果的なコンテンツを制作できるでしょう。

 

また、データ分析を通じてメンバーのパフォーマンスを追跡し、改善提案を行う場合があります。どのコンテンツがより多くのリスナーを引き寄せ、どの戦略が成功しているかなどのデータをもとに、ライバーは自身の活動を最適化できます。

配信以外のサポートをしてもらえる

ライバー事務所のなかには、ライバーのスケジュール管理や業務調整をサポートしてくれるところがあります。サポートによりライバーは効果的な働き方を確保し、配信以外の活動やプロモーションにも焦点を当てることができます。

 

ライバー事務所は、ファンとのコミュニケーションに関してもサポートするケースがあります。具体的には、ファンクラブやイベントの運営、ファンへのコンテンツ提供など、クリエイターがファンと深い関係を築くための手段を提供することが多いです。

 

また、ボイストレーニングを無料で実施、税務・法務に関するサポート、住所の貸し出し、などのサービスを提供しているところがあります。どの部分でサポートしてもらいたいか明確にしておくと、自分に合った事務所が見つかりやすいでしょう。

ライバー事務所に所属するならTikTok LIVEに特化したところを選ぼう

 

 

TikTokのライブ配信をはじめる前に、成功するためにはどのような戦略が効果的かを理解する必要があります。TikTok LIVEに特化した事務所は、最新の機能やアルゴリズムに精通しており、ライバーに対して適切なトレーニングやアドバイスを提供します。

 

また、プロモーションやマーケティングの分野でもそのノウハウを提供します。ライバーは自身の配信をどのようにアピール的に構築し、リスナーを引き込むかについて専門的なサポートを期待できるでしょう。

 

TikTok LIVEに特化した事務所は、そのネットワークを活かしてライバー同士のコラボレーションやイベント開催をサポートします。ライバー同士の連携が強化されることで、より広いリスナー層にアプローチできる可能性が高まります。

 

TikTok LIVEにおいては、法的な問題や契約の取り決めも重要です。TikTok LIVEに特化した事務所は、その分野の専門家が法的なサポートや契約管理を行い、メンバーが安心して活動できる環境を整えます。

まとめ

TikTokのライブ配信は、ソロライブはもちろん、コラボ配信や対戦配信などさまざまな種類の配信が行えます。

 

ライブ配信を行うことで、フォロワーが増えたり報酬を受け取れたりできるメリットが得られる可能性があります。

 

また、コメントフィルター機能やモデレーター機能などのさまざまな機能を活用すると、ライブ配信中のコメントを整理して誹謗中傷コメントを非表示にすることも可能です。

 

ただし、TikTokのライブ配信は16歳以上で一定数のフォロワー数がいなければ行えず、誰でも行えるわけではないので注意しましょう。

 

他にも、ストーカー被害に遭ってしまったり、個人情報が流出したりする恐れがあるので、TikTokでライブ配信を行う際には注意点も把握しておくと良いでしょう。

ライブ配信なら【Pococha】もおすすめ!

【Pococha】をダウンロード!
iPhoneの方はコチラ
【Pococha】をダウンロード!
Androidの方はコチラ

 


私達LIVESTARは、所属ライバー実績15,000名を超えた、日本トップクラス規模のライバー事務所です。

過去1万人以上のライバーマネジメントを通して培ったライブ配信におけるノウハウとマネジメントがあり、月間No1のライバーの輩出実績があります。

 

また、東証一部上場企業avex(エイベックス)グループ企業として、配信におけるマネジメントだけでなく、グッズなどの物販、郵送物対応、ラジオ番組への出演など、更なるサポートの幅を広げております。

 

下記のように、自分には当てはまらないと思っている方でも、
・フォロワーが少なくて、インフルエンサーじゃない。
・未経験だし、不安。
・トークに自信がない。
・パフォーマンスができる特技がない

 

新しく始める95%以上の方は、フォロワーもほとんどいなく、未経験の方ばかりですので、ご安心ください。

 

完全無料でスタッフによる相談も可能ですので、以下のボタンからLINE友達登録の後、ご応募お願いいたします!

 

 

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。