• 曖昧の眼/More Than Meets the Eye(撮影:加藤健)2022年

Manika Nagare

流 麻二果

1975年生まれ。女子美術大学芸術学部絵画科洋画専攻卒。2002年文化庁新進芸術家在外研修員(アメリカ)、2004年ポーラ美術振興財団在外研修員(アメリカ・トルコ)。

主な展覧会に「絵画を抱きしめて」(資生堂ギャラリー、東京、2015年)、「高松コンテンポラリーアート・アニュアル vol.05『見えてる風景/見えない風景』」(高松市美術館、高松、2016年)、「Re Construction 再構築」(練馬区立美術館、東京、2020年)、「In Between」(Miyako Yoshinaga Gallery、ニューヨーク、2020年)、「その光に色を見る Spectrum of Vivid Moments」(ポーラ・ミュージアム・アネックス、東京、/高梁市成羽美術館、岡山、2022年)。パブリックアート、ダンスパフォーマンスの美術・衣装、建築空間の色彩監修など幅広く活動。

流麻二果_CV

Portrait:Photo by 松浦文生