• 新しい死体(撮影:竹久直樹)2022年

Rintaro Fuse

布施 琳太郎

1994年 東京都生まれ。急速に発達するメディアによって変化する人間の意識や行動、それによる社会と人の距離やコミュニケーションのあり方など、可視化されない、 しかし確実に存在する問題意識や違和感を感じ取り、同世代のアーティストや詩人、音楽家、 デザイナーなどと協働して巧みに顕在化する活動が高く評価され、作品制作の他、展覧会企画、批評など他分野において意欲的な活動を行なっています。

主な個展に「すべて最初のラブソング」(2021/東京・The 5th Floor)、「イヴの肉屋」(2022/東京・SNOW Contemporary)、参加企画展に「ニュー・フラットランド」(2021/NTTインターコミュニケーションセンター[ICC])、「新しい成長の提起」(2021/東京藝術大学美術館)、「時を超えるイヴ・クラインの想像力」(2022/金沢21世紀美術館)、展覧会企画に「隔離式濃厚接触室」(2020/ウェブページ)、「惑星ザムザ」(2022/東京・小高製本工業跡地)など。

布施琳太郎_CV