ヴァシリー・ペトレンコ指揮
ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団
ピアノ:辻󠄀井伸行

世界中が息をのむ辻井伸行ならではの最上級のラフマニノフ!
世界最高の栄誉に輝く指揮者&オーケストラならではの圧倒的な表現力が異次元の感動を生む!

※英「グラモフォン・アワード」2017年度アーティスト・オブ・ザ・イヤー受賞

クラシック界のアカデミー賞「グラモフォン・アワード」受賞!
世界がもっとも注目する黄金コンビ“ヴァシリー・ペトレンコ&ロイヤル・リヴァプール・フィル”絶頂期の来日公演決定!

クラシック界のアカデミー賞「グラモフォン・アワード」受賞!
世界がもっとも注目する黄金コンビ“ヴァシリー・ペトレンコ&ロイヤル・リヴァプール・フィル”絶頂期の来日公演決定!

イギリス最古のオーケストラであるロイヤル・リヴァプール・フィルは、2006年にロシア出身の指揮者ヴァシリー・ペトレンコを首席指揮者に迎えて以来、ショスタコーヴィチの交響曲全集をはじめとする数多くのCDが世界中で最上級の評価を受けています。2011年には、NAXOSレーベルにレコーディングしたショスタコーヴィチ:交響曲第10番がクラシック界のアカデミー賞とも言われる「グラモフォン・アワード」の管弦楽曲賞に輝き、2017年にはロイヤル・リヴァプール・フィルとの華々しい活躍を評価され、ヴァシリー・ペトレンコがアーティスト・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなど、今、イギリスはもちろん、世界でもっとも注目を集めるオーケストラ界の黄金コンビです。
2015年には待望の初来日を果たし、ストラヴィンスキーやショスタコーヴィチの難曲を目の覚める圧倒的な演奏で披露、2018年のツアーでは、ぶっ飛び級のショスタコーヴィチ、息をのむ迫真のチャイコフスキーを熱演し、耳の肥えた多くのオーケストラ・ファンから熱狂的な拍手喝采を受けました。そして、2020年9月、サンクトペテルブルク出身の指揮者ヴァシリー・ペトレンコにとってもっとも重要な作品をメイン曲に携えて、待望の再来日が実現します。ヴァシリー・ペトレンコは、2020年のシーズンで15年にわたって務めてきた首席指揮者を退任し、ロンドンのロイヤル・フィルの音楽監督に転身することが決定していますので、9月の来日は黄金コンビの絶頂期最後の公演になります。また、初来日時から共演を重ね、音楽的に大いに共鳴して国内外での公演やCD録音を行ってきているピアニストの辻井伸行がソリストとして参加。もっとも得意とするラフマニノフの協奏曲で、全身全霊を傾けた圧倒的な熱演を披露します。

公演スケジュール

公演日
(2020年)
会場 開場時間 開演時間 プログラム 発売日 問い合わせ先
9月13日
(日)
[福岡]
福岡シンフォニーホール
13:45 14:30 A 4月11日(土) KBC
チケットセンター
092-720-8717
9月14日
(月)
[東京]
サントリーホール
18:15 19:00 A 4月11日(土) チケットスペース
03-3234-9999
9月15日
(火)
[東京]
サントリーホール
18:15 19:00 B 4月11日(土) チケットスペース
03-3234-9999
9月16日
(水)
[埼玉]
大宮ソニックシティ 大ホール
13:15 14:00 A 4月11日(土) チケットスペース
03-3234-9999
9月17日
(木)
[新潟]
りゅーとぴあ
新潟市民芸術文化会館
コンサートホール
17:45 18:30 A 3月31日(火) TeNY
チケット
専用ダイヤル
025-281-8000

りゅーとぴあ
チケット
専用ダイヤル
025-224-5521
9月19日
(土)
[名古屋]
愛知県芸術劇場
コンサートホール
13:15 14:00 B 2月16日(日) 東海テレビ
チケットセンター
052-951-9104

クラシック名古屋
0570-00-5310
9月20日
(日)
[大阪]
フェスティバルホール
14:00 15:00 S 5月下旬予定 ABCチケット
インフォメーション
06-6453-6000
9月21日
(月・祝)
[川崎]
ミューザ川崎
シンフォニーホール
13:15 14:00 S 4月11日(土) チケットスペース
03-3234-9999

※未就学児のご入場はお断りいたします。
※止むを得ない事情により曲目・曲順等が変更になる場合がございます。

プログラム

プログラム
A

ブリテン:青少年のための管弦楽入門
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 [ピアノ:辻󠄀井伸行]
ムソルグスキー(ラヴェル編):展覧会の絵

プログラム
B

ウォルトン:喜劇的序曲《スカピノ》
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 [ピアノ:辻󠄀井伸行]
チャイコフスキー:交響曲第6番 《悲愴》

プログラム
S

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 [ピアノ:辻󠄀井伸行]
ショスタコーヴィチ:交響曲第7番《レニングラード》

プロフィール

  • ヴァシリー・ペトレンコ

    ヴァシリー・ペトレンコ
    Vasily Petrenko

    1976年サンクトペテルブルク生まれ。ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者。
    ロンドン交響楽団、シカゴ交響楽団、ロサンジェルス・フィル等、世界のトップオーケストラへの客演も行い、現在、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、ミハイロフスキー劇場の首席客演指揮者なども務める。リヴァプール大学およびリヴァプール・ホープ大学より名誉博士号を、リヴァプール・ジョン・ムアーズ大学より名誉フェローを、リヴァプール市から名誉市民の称号を授与された。 リヴァプール・フィルとの録音が評価され、2010年と12年にクラシック・ブリット賞、12年にエコー・クラシック賞を受賞、07年にはグラモフォン・アワードの最優秀若手アーティスト、17年には最優秀アーティストに選ばれた。

  • ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団

    ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団
    Royal Liverpool Philharmonic Orchestra

    1840年創設、英国で最も長い歴史を持つプロオーケストラ。音楽祭「プロムス」の創始者であるサー・ヘンリー・ウッドをはじめ、マックス・ブルッフ、マレク・ヤノフスキなど世界トップレベルの指揮者が名を連ねてきた。2006年よりヴァシリー・ペトレンコを首席指揮者に迎えてからの活動は世界中の批評家から絶賛されており、新たなクラシックファンの獲得に成功している。
    本拠地リヴァプール・フィルハーモニー・ホールでの毎年60回を超える公演のほか、英国内、世界ツアーも活発に行う。
    2017年にはペトレンコとのチャイコフスキーの交響曲第1番、2番、5番の録音が、「BBCミュージック・マガジン」誌の最優秀賞を受賞するなどレコーディングでも高く評価されている。

  • 辻󠄀井伸行

    辻󠄀井伸行(ピアノ)
    Nobuyuki Tsujii, piano

    2009年6月、「第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で日本人として初優勝して以来、国際的に活躍している。ニューヨークのカーネギーホールの主催公演、イギリス最大の音楽祭「プロムス」へのBBCフィルとの出演、ウィーン楽友協会やベルリン・フィルハーモニー、パリのシャンゼリゼ劇場などの世界の著名なホールでの演奏会はいずれも絶賛され、ゲルギエフやアシュケナージなどの世界的指揮者との共演も常に高い評価を受けている。CDも積極的に発表し、2度の日本ゴールドディスク大賞を受賞。作曲家としても高い人気を誇り、映画《神様のカルテ》で「第21回日本映画批評家大賞」を受賞したほか、数多くの映画やドラマのテーマ曲を手掛けている。

pagetop