NEWS

MUTEK.JP 2018で最新AR作品『\\\\I I I\\\\I IE feat. FAMM'IN』を発表!!

2018/10/30
MUTEK.JP 2018で最新AR作品\\\\I I I\\\\I IE feat. FAMM'INを発表!!

MUTEK.JP 2018では、まずは、体験型のエキシビジョンとして
\\\\I I I\\\\I IE feat. FAMM'IN』が先行公開
 
\\\\I I I\\\\I IE 開催日:11月2日 11月4日
場所:日本科学未来館
https://www.miraikan.jst.go.jp/guide/route/
※観覧にはチケット購入が必要となります。
More Info・・・
MUTEK Japan 2018
https://mutek.jp/
 
『\\\\I I I\\\\I IE feat. FAMM'IN』
【\\\\I I I\\\\I IE feat. FAMM'IN』 - Teaser Movie -】
 
確実性のない曖昧な世界で「自分の小さな世界の外」を想像し、多くの視点を持つ事と、
限りあるスペースを物理的にも心理的にもシェアする体験・変化を恐れない心の、
2つをコンセプトにしたARコンテンツ。

仮装空間に現れる約5メートル四方のキューブ。その内部は、タイトル通り9つに区切られて
いるように見える。ゲストは、案内役に椅子ごと押される形でキューブ内を進んでいく。
ジャスト9分の間、前後左右上下に現れる9名の主要キャラクターによるパフォーマンス。
最後に、ゲストが目にする光景は・・・。

現実と虚構の境目が曖昧になる世界観をお楽しみ下さい。
 
『FAMM'IN』
今作のためにつくられた楽曲『circle』のMusic Video

大人にもならず、でも、子供ではない、未だ底を見せないストリート・カルチャーが更新され続けている街、それが『TYO(東京)』。常に新しいカルチャーを求めて、細分化・再深化しようと躍起のTYOシーンの中で、軽やかに街を彩る一翼がFAKY・FEMM・Yup’inからなるフィメール・ラップ・クルーだ。リアルを追求するFAKY、バーチャルを体現するFEMM、ストリートを代弁するYup’in。競演という真剣な遊びの中で、刺激し合い、擦れ合って、膨らみ続けた"熱"に名前が付くのは自然な流れだった。それぞれのアーティスト・ネームから2文字をとって『FAMM’IN(フェイミン)』。意味はない。あるとすれば、この3組のユニティーだということ。
雅楽を取り入れたヒップホップ (トラッパニーズやジャパランタ)の先駆けとして独自の存在感を放つ。

official web site : https://fammin.jp/