V6 OFFICIAL SITE

STAFF MEMO

2010年8月アーカイブ

No.45:LEFT IN THE DARK

作るSTAFF : 2010/08/30

本日のコネタ入荷です。



コネタ(1)

V6 OFFICIAL HP用新曲第5弾

"LEFT IN THE DARK" UP!!


昨年、HPを全面リニューアルする際に

「HP用のオリジナル音源が流れたら楽しいだろうなぁ」

そんな妄想からスタートした、この企画。


制作チーム内にミュージシャン/アレンジャーが存在するV6チームだからこそ。

というか、久米先生のおかげです。いつもありがとう!


今回の発注は

「"only dreaming"がLIVEの1曲目だとして、その"Overture"になる幻想的なイメージ」

でした。


久米先生、お見事。

昇天しました!



コネタ(2)

言い忘れていた事。


前回、初回限定VISUAL盤のおはなしをさせて頂きましたが。

今回、アタクシがめちゃくちゃこだわった部分があります。


それは。

 

DVDメニュー画面。


DVDをプレーヤーに突っ込んだら、はやる気持ちをおさえて。

ちょっとばかし、DVDメニュー画面もご堪能ください。


コネタ(3)

売るさん、更新してください。

坊主にすんぞ(笑)。



「only dreaming / Catch」発売まであと


2日!!!!!!!!!


 

本日の1曲

小林太郎"ドラグスタ"

天才。3日のエムステ競演、楽しみです。

 

No.44:the end of SUMMER.

作るSTAFF : 2010/08/27

2010082021240000.jpg

wwwwww

宣伝君の坊主HEADZです。

ひどい先輩だと思います?



てか、宣伝君、この数年もともと坊主です(笑)。
まぁ、ちょっとしたジョークでした。


V6メンバーも絶賛なキレイな頭の形。
よく、なでられてます。


さてさて。

気づけば、もう8月も終わります。

まだまだ暑い日が続いてますが、夏も終わりますね。

夏の終わりって、なんだかわからないけど。
少しメランコリックな気持ちになりませんか?


そんな気分のアナタとシンクロ率ハンパない作品。
まもなく「only dreaming / Catch」がリリースになります。


今日は、初回限定VISUAL盤付属DVDのおはなし。

収録されるのは2コンテンツ。

「only dreaming」MUSIC VIDEO Complete Ver.

今回の監督さんは、なんといってもケツメイシの名作MV「さくら」が有名な大ベテラン監督。
山口保幸さん。

今回は、個人的にすごく明確なイメージがありました。
ポイントは2点。

(1)ミディアムテンポだからこそ、最高にクールでスタイリッシュなダンス。
→ダンスって、テンポの早い激しい曲より、今回くらいのテンポで魅せる方が映えると思うんです。もちろん、その為にはスキルが必要ですが。
メンバーからの希望で振り付けは、「GUILTY」「will」同様SHOTA君
MVでは、部分部分ですが、テレビでは頭からダンス見れますので、期待してください!

(2)メンバーを泣かせたい。
→テーマは「2度と逢えないキミ」
それが「失恋」であれ、「死別」であれ、もう「2度と」「逢えない」。
もうMVを見た人は分かると思いますが、曲の最後にメンバー1人づつ目を閉じていきます。
「もう2度と逢えない」から「せめて夢で逢いたい」がために「目を閉じる」のです。
メンバーそれぞれの「哀しさ」「切なさ」の表現の仕方の違いは是非、ご覧になって確かめてください。


こんな、要望を最高の形でまとめてくれた山口監督。

本当、素敵なMVになりました。


2コンテンツ目
V6 ASIA & JAPAN TOUR 2009-2010 SPECIAL MOVIE
[incl.only dreaming Live at KOBE]

コッチは見てもらった方が早いですね。
あの感動のツアーファイナル神戸公演での宇宙最速「only dreaming」初パフォーマンスを緊急収録。
この時点では、ダンスも当然ありませんが、本当に急遽!!
生の臨場感を感じてもらえると思います。
音も、収録したカメラのマイクからのものをそのまま使用しています。

その後に続くは、ショートフィルム風の予告編。
ほんのちょっとだけですが、約10ヶ月に渡り密着したドキュメント映像が見れます。
LIVEだけではなく、RECやジャケ撮影なんかも。。。


おっと。


とにかくもろもろ。


必見です!!!


本日の1曲
The Beatles"Tomorrow Never Knows"
1966年リリース。
2010年、未だこの曲をこえるダンスミュージックには出会ってません。


























各地のコメントオンエア

宣伝するSTAFF : 2010/08/26

暑い日が続いてますが、みなさん夏バテしてませんか?

遂に来週発売です。

 

先日、各地のコメントを収録したので、オンエアがわかっている放送局に関して

日付と番組名UPしました!

 

最寄りの放送局で見れる、聴けるところがあれば、是非チェックしてみてくださいね。

 

それでは〜。

みなさん

宣伝するSTAFF : 2010/08/21

どーも、森田剛君より先に坊主になってる、宣伝するスタッフです。

 

着うたゲットしましたか?

作るスタッフさんが書いている通り、18日よりドワンゴにてゲット出来ます。

ぜひ!

 

さて、先日「オリ☆スタ」の取材をやって来ました。

久しぶりに6人に会いましたぁ〜。

非常にいい写真&インタビューになっていると思うのでチェックしてみてくださいね。

発売は8月27日です!

 

No.43:Creaters

作るSTAFF : 2010/08/19

宣伝君、久々登場。

そして、まさかの泣き言(笑)。←






さぁ。



ドワンゴにて、「only dreaming / Catch」通常盤収録の4曲の着うた配信がスタートしました。



で は、配信スタート記念。

通常盤収録楽曲のクリエイター公開。



"only dreaming"
Lyrics & Music:Masaya Sakuta / Arrangement:Jun Suyama

"Catch"
Lyrics:Hayato Kimura / H.U.B. / leonn
Music:Kazuaki Yamashita / Arrangement:Cube Juice


"Crank it up!!"
Lyrics:KOMU
Music : Mats Ymell / Magnus McKenzie / Bruce R. F. Smith
Arrangement : Taku Yoshioka

"OK"
Lyrics:mao
Music : Dr Hardcastle / Arrangement : e-lect


「only dreaming」「Catch」は以前、触れているので、「Crank it up!!」「OK」の2曲について軽く解説したいと思います。

今回のc/wは2曲とも、LIVE映えしそうなアッパーチューンです。


作曲は2曲とも、海外の作家さんなのでメロディーやフレーズの印象がいつものV6とは若干違うかもしれません。

「Crank it up!!」は、ツアーでの「Swing!」のブチ上げっぷりを観て、新しいパーティーチューンが欲しいなぁと思って作られた曲。
サウンドは、合いの手や煽りが散りばめられ、歌詞も音楽用語だったり、LIVEを想像させるようなワードが沢山でてくる楽しい曲!

「OK」は、実は結構前から、「いつかV6でやりたい!」とストックされていた必殺の1曲。
こちらは北欧の作家さんならではの、どこかノスタルジックなメロディーに、爽快なエレクトロアレンジが心地よい1曲です。
歌詞は、小悪魔的な女子に振り回される、男の子目線
AL「READY?」を経て、さらに表現の幅を広げたV6の現在が楽しめます!

制作チーム的にもかなり、手応えあります。

どうですか?
聴きたくなったでしょ?



そんなアナタは、今すぐドワンゴでダウンロード!!!!


次回は「BONUS CD収録曲」「only dreaming DVD」「宣伝君、坊主になる」
いずれかのお話をします。

お楽しみに(笑)。


本日の1曲
MASH "僕がいた"
全ての頑張る人たちに聴いてもらいたい感涙の名曲

生きてます。

宣伝するSTAFF : 2010/08/17

お久しぶりです。

そして作るスタッフさん
すみません。
1週間たってますが、見てますよ。



もう八月も半分以上がすぎ…。
シングル発売までもうすぐですね。


全然更新できなかったのは……















自分いっぱいいっぱいっす(┳◇┳)

ホント皆さんごめんなさい…。

No.42:Gimmie Shelter

作るSTAFF : 2010/08/10

8月になり、早くも10日経過。

暑い日が続きますね。



ところで、皆さん。

ウチの宣伝するスタッフを見かけませんでしたか?

7月、1回も更新してないし(怒)

プンスカ。



今日はジャケットのほんとのほんとにコネタです。

特に意味はありませんが、Q&A形式でお送りします


では、どーぞ。


Q1:なぜ、イノッチや岡田君、三宅君ではなく剛君がギターなの?

A:前回の記事にも書きましたが、今回のテーマは「夢」です。なので、ちょっと違和感を感じる人にギターを持ってもらいたかったのです。ギターといえば、イノッチ、岡田君、三宅君を想像するでしょ?

そこを、あえての剛君でいく事は、はじめの狙い通りです。

結果的には、とてもキマったのではないかと。

ちなみに、更に不思議な感じを出すため、"剛君withホルン""岡田君withアコーディオン"も撮影しましたが、残念ながら、ジャケットには使用されておりませんので、あしからず。


Q2:長野さんの林檎は、11月の長野博主演舞台「りんご」とかけているの?

A:全くの偶然です。ただ、やはり林檎が一番似合ったのは事実です(笑)。


Q3:切ない曲なのに、なぜに青空?

A:確かに青空ですが、実物ジャケットはかなり粗い、霞んだ感じの青空なんです。

それによって"爽やかさ"より、"ノスタルジー""メランコリック"な印象を受けると思います。

実は、曇り空Verも作ったのですが、コチラもお蔵入り。


Q4:三宅君は刈り上がってますか?

A:刈り上がってます。良い感じです。



何故Q&A形式にしたのでしょうか?

全く意味がわかりません。


さぁ。

 

次回の更新は誰になるでしょうか?

3日以内に宣伝君の更新がなかったら、彼はSTAFF MEMOを最近見てすらないという事で。

罰として、坊主にしてもらいます。


それでは、次回更新をお楽しみに(笑)。

 

 

本日の1曲

The Rolling Stones "Sympathy For The Devil"

いつ聞いても鳥肌。