仮面ライダージオウ主題歌

Shuta Sueyoshi feat. ISSA

Over “Quartzer”

今年、自身初ツアーのファイナルで武道館公演を大成功させたShuta Sueyoshi、
現在「U.S.A.」が大ヒット中のDA PUMPのボーカリストISSA、
この二人で平成最後の仮面ライダー主題歌のスペシャルユニットが実現!!

Shuta Sueyoshi
Shuta Sueyoshi

2007年にAAAとして「仮面ライダー電王」主題歌「Climax jump」を歌わせていただいてから、11年ぶりに、今度はソロとしてまた仮面ライダーに携わることができて嬉しいです。「平成最後」という本当に記念すべき主題歌をつとめさせていただけて本当に光栄です。
今回の「仮面ライダージオウ」が、過去の歴代ライダー達の力をかりて共に戦うということで、ISSAさんと共に楽曲に取り組ませていただきました。まさに時をかけているような疾走感溢れる楽曲になったと思うので、是非番組と一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。


AAA(トリプル・エー)としての活動と並行し、2016年3月に自身初となるソロライブイベント「shuta sueyoshi solo live "S"」を開催。

2017年5月 ソロ活動を本格化し、初のオリジナル楽曲「Switch」「Sad Story」「to.ri.ca.go」を配信限定リリース。「Switch」は日本、台湾、香港にてiTunesソングランキング1位を獲得。
その後、5ヶ月ぶりにリリースとなった「秒針 Re:time」も日本、台湾、香港のJ-Popランキング1位を獲得。

また、2018年1月には初のソロアルバム「JACK IN THE BOX」をリリース。同年2月からはアルバムを引っさげて初となる全国6箇所6公演のZeppツアーを開催し、ツアーファイナルで日本武道館公演を成功させた。

2019年2月から、全国ライブツアーの開催も決定。

ISSA
ISSA

「平成最後の仮面ライダージオウの主題歌をシュウタとやる事になり、こんな光栄な事はありません!大変嬉しく思います!仮面ライダー1号に憧れて、自分もいつか、改造人間になって『地球の平和を守るんだ 』 と幼少期に思った気持ちは今も変わりません!今の自分が持てる力と魂を全て出して、シュウタと歌った主題歌と仮面ライダージオウが、小さいお子さんからお爺ちゃんお婆ちゃんまで愛される作品になると思いますのでよろしくお願いします!」


ISSA(イッサ、本名:邊土名 一茶(へんとな いっさ))
生年月日:1978年12月9日
沖縄県出身
血液型:B型。

ISSA、DAICHI、KENZO、TOMO、KIMI、YORI、U-YEAHの7人からなる、ダンス&ヴォーカルグループ DA PUMPのリーダー&ヴォーカル担当。

1997年6月、グループ名が「DA PUMP」となって富樫明生の音楽プロデュースにより、シングル「Feelin' Good -It's PARADISE-」で新レーベルavex tuneからの第1弾アーティストとしてデビュー。
1998年、NHK紅白歌合戦に初出場。以降、2002年まで5年連続出場を果たす。

DA PUMPの活動と共に積極的に個人活動も行う。
1999年、映画『ドリームメーカー』で高校生役で主演、ドラマ 「レッツ・ゴー!永田町 」(2001年、日本テレビ)や「ちゅらさん2」(2003年、NHK)や映画:仮面ライダーTHE FIRST(2005年、東映) - ショッカー幹部・若者 役等、ドラマや映画等で俳優活動も行う。

ソロとして『仮面ライダー555』のオープニング曲「Justiφ's」も担当。後に映画『仮面ライダー THE NEXT』の主題歌「CHOSEN SOLDIER」も担当した。
個人名義でシングル6枚、アルバム2枚をリリースする。

ダンスをしながらもぶれない歌唱力の高さが超人並で評価が高く、ミュージカル「THE WIZウィズ~オズの魔法使い~」「ロッキーホラーショー」に出演をし、最近では「ピーターパン」(フック船長/ダーリング)等を演じる。

また、バラエティやテレビ番組に出演する等、音楽活動だけではなく、映画や舞台にも積極的に出演し、ミュージカルの舞台にも俳優として出演するなど、多方面でマルチに活躍をしている。


オフィシャルウェブサイト
https://ameblo.jp/da-pump-blog/

オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/issa-blog/