あの風のなかで

作詞:EIGO,TEEDA
作曲:EIGO

夢を追って遥かここまで
走り続けてきた so faraway
手が届きそうな明日へ
ただ がむしゃらに前を見ていたね
儚くも尊い季節
靴底の砂と泥のついたシャツ
流した汗と涙が
すべてを捧げた証さ

誰かに笑われるくらいの夢を描いていようよ
何度でも転んだとしても
立ち上がればいいから
イメージの先にある未来を掴みとればいい
また一歩ずつ前へ 共に歩んでこう

あの日 あの風のなかで
僕らが見た季節のつづきは
これからさ 始まったばかりなんだ
胸を張って 上を向いて
笑いあえる その日まで
ひとり不安な時でも
明日が涙色で見えなくても
大丈夫 きっと大丈夫
昨日よりも強い君へ
出会える
そうやってここまで来たのだから

and thank you mom and dad and brotha and sista
「ありがとう」以上の言葉を探した 
but i couldn’t say it,
伝えたいのに上手く伝えられない
i always felt my mom’s love when I opened my lunch box
ここに立つ cuz my family got my back!!
「ひとりじゃない」って また気づけた
また ひとつ強くなれた

優しく吹き抜ける風
背中押してくれた on my way
語り明かした夢は変わらない
描き続ければ そう終わらない
i believe myself 掴み取るまで
don’t be afraid of making mistakes,
um whatever man
again and again 重ねた数だけ
夢に近づいてるさ 
you know what i’m sayin’?

まだ見ぬ世界を恐れないでいこうよ
無限の色を使って空に夢を描こう
苦しみの先にある笑顔を君と手に入れたい
ほら一歩また前へ 共に踏み出そう

あの日 あの風のなかで
僕らが見た季節のつづきは
これからさ 始まったばかりなんだ
胸を張って 上を向いて
笑いあえる その日まで
ひとり不安な時でも
明日が涙色で見えなくても
大丈夫 きっと大丈夫
昨日よりも強い君へ
出会える
そうやってここまで来たのだから

あの日 あの風のなかで
僕らが見た季節のつづきは
これからさ 始まったばかりなんだ
胸を張って 上を向いて
笑いあえる その日まで
ひとり不安な時でも
明日が涙色で見えなくても
大丈夫 きっと大丈夫
昨日よりも強い君へ
出会える
そうやってここまで来たのだから