GUGENCA申込者規約

このGUGENCA申込者規約(以下「本規約」といいます。)は、エイベックス・ビジネス・ディベロップメント株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する本サービスの利用条件を定めたものです。本サービスの利用者は、本規約を遵守するものとします。

第1条(定義)

本規約における用語の定義は以下のとおりとします。
(1)「本サービス」とは、当社が提供する第2条の内容の「GUGENCA」サービスをいいます。
(2)「デザイン素材」とは、利用者が本サービスを利用して当社に提供する画像その他のデータをいいます。
(3)「商品」とは、本サービスを利用して作成され販売されるアパレル商品又はグッズをいいます。
(4)「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)をいいます。

第2条(本サービスの内容)

本サービスは、当社が、利用者の委託を受けて、利用者が保有する画像素材を用いた商品の製造及び当該商品の販売を行うこと並びに当該商品の売却代金のうちの一部を利用者に対して支払うことを内容とするものです。

第3条(申込)

1. 本サービスの利用を希望する場合、利用者は、当社所定の利用申込書(以下「利用申込書」といいます。)に、必要事項を記入して押印のうえ、当社に対して送付することにより本サービス利用の申し込みを行うものとします。
2. 利用者は、利用申込書に記載するプロジェクト名称、希望販売期間、発注内容、販売価格、販売1個当たり報酬額については、申込書に記載する前にあらかじめ当社と協議の上、両者にて合意した内容を記載する必要があります。当社の事前の承諾のない記載がなされても、当社は当該申し込みを承諾することができません。
3. 前項の申込みを当社が承認した時点で、利用者と当社との間で、本規約を合意内容とする本サービスの利用に関する契約(以下「利用契約」といいます。)が成立します。
4. 当社は、申し込みを行った利用者が本規約第12条各号のいずれかに該当すると判断した場合に、申込みを承認しないことがありますが、その場合であっても承認しない理由についてのお問い合わせにはお答えできません。
5. 本サービスは、事務所等に所属しないクリエイターを主たる対象としています。当社は、別途当社が認める場合を除き、これ以外の利用者からの申込みを承諾しない場合があります。
6. 未成年者が本サービス利用の申込みを行う際は、別途親権者等の同意を得る必要があります。
7. 利用者は、利用申込書の「申込者」欄に記載した連絡先等の内容を変更する場合、直ちに当社に連絡するものとします。この連絡がないことによって、利用者に損害、不利益等が生じたとしても、当社は何らの責任を負いません。

第4条(画像素材)

1. 利用契約の成立後、当社は、利用者に対し、デザイン素材を提供するよう求めます。利用者は、当該求めに応じ、所定の方法により、当社に対してデザイン素材を提供します。
2. 利用者は、当社に対し、デザイン素材を用いた商品を作成し、販売すること(販売を行うウェブサイト上にデザイン素材及びデザイン素材を用いて作成した商品の画像を表示することその他販売のために必要なデザイン素材の利用も含みます。)並びにデザイン素材(デザイン素材を用いて作成した商品の画像を含む。)を本サービス及びこれに付随するサービスの提供、利用促進(プロモーション)、宣伝、広告のために利用することについて許諾します。
3. 当社は、利用者から提供を受けたデザイン素材について、商品の製造、プロモーションその他前項の目的達成のために必要と認める範囲において複製、展示、変更その他の改変の必要な対応を行うことができるものとし、利用者はこれに同意します。
4. 利用者は、当社が画像素材を用いて作成した商品について、汚損、破損しているなどの特段の事情がない限り、画像素材の差し替え、再作成、修正等一切の変更を求めることはできないものとします。
5. 利用者は、本サービス以外の類似サービスにおいて用いたデザイン素材を本サービスにより商品化しようとするときは、当該類似サービスにおける定めに違反していないことを確認のうえ、問題ない場合に限り、当社に対して当該デザイン素材を提供することができます。
6. 利用者は、デザイン素材を用いた商品を本サービスにおいて販売している期間中は、同一のデザイン素材を用いた同種の商品を販売すること(他のサービスを用いて商品化して販売することも含みますがこれに限りません。)はできません。

第5条(画像素材の権利帰属)

1. 利用者は、デザイン素材について、自らが当社に対して送信、提供すること、商品化すること及びデザイン素材を用いた商品を販売することについての適法かつ有効な知的財産権を含む権利を有していること、並びにデザイン素材が第三者の権利を侵害していないことについて、当社に対し表明し、確約します。利用者は、万一本項に違反したとき又は違反する可能性を知ったときは、当社に対して直ちに通知します。
2. ①歌詞等の詩、タイトル、文章等からの引用②著名人、既存商品、企業、ブランド、有名キャラクター等の名前及びロゴ③漫画、アニメ、CM、商品、企業等のキャラクターのイラスト、画像等④有名無名を問わず人物を特定できるイラスト、画像等が含まれる場合など、利用者以外の第三者が知的財産権を有しているものがデザイン素材に含まれる場合には、必ず事前に権利者の使用許諾が必要となります。なお、これらのものが含まれる場合で、当社が商品化することが妥当ではないと判断したときは、使用許諾の有無にかかわらず、当該デザイン素材の利用をお断りすることがあります。
3. 前項の場合のほか、他社の権利を侵害し又は侵害する可能性のあるデザイン素材、公告や宣伝を目的とするデザイン素材、個人情報に関するものを含むデザイン素材、フリー素材を用いたデザイン素材、その他公序良俗に反すると認められるデザイン素材を利用することはできません。当社は、これらのデザイン素材が提供された場合には、商品化を行わないものとします。
4. デザイン素材及び当該デザイン素材を用いた商品について第三者との間で知的財産権に関連する紛争又は人格権等に関する紛争その他の紛争が生じた場合には、全て利用者の責任と負担において解決します。
5. デザイン素材に起因又は関連して生じた紛争その他デザイン素材に起因又は関連する事由により当社又は当社グループ会社に生じた損害、損失及び費用については、当社の請求に従い、その一切を利用者が賠償又は補償するものとします。

第6条(本サービスに関する権利帰属)

1. 本サービス(デザイン素材については別途本規約に定めるところによります。)に関する知的財産権を含む一切の権利は、当社又は当該権利を有する第三者に帰属します。
2. 利用者は、前項に定める権利を、本サービスを通じて提供される範囲で使用することができます。本サービスの利用によって、本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用が許諾されるものではありません。

第7条(商品の製造及び販売)

1. 利用者は、当社が利用者に対して示した商品の見本デザインについて承諾した後は、デザイン素材及び商品について一切の修正、変更等をすることができません。
2. 利用者は、完成した商品を、利用申込書に記載の方法で販売することを、当社に対して委託するものとします。利用申込書に記載のある事項のほかは、販売方法の詳細については当社に一任します。
3. 利用者の委託を受けて画像素材を用いて販売する商品について、第三者の知的財産権その他の権利を侵害している場合又はその可能性が生じた場合若しくは侵害し又は侵害している可能性がある旨の連絡を受領した場合、当社は、当該商品の販売を直ちに中止し、必要と認められる措置を講じることができるものとします。この措置によって利用者に生じた損害、損失及び費用について、当社は一切の責任を負いません。

第8条(委託)

当社は、利用者から依頼を受けた商品の製造及び販売に係る業務の全部又は一部を、当社の判断で第三者に委託することができます。

第9条(報酬等)

1. 当社は、利用者から製造販売するよう委託を受けた商品を所定の販売方法にて販売し、当該商品の売買代金を受領した場合には、当該売買代金のうち当社所定の金額を、所定の利用者に対して支払い、その残額は当社に対する委託料として当社が受領します。
2. 当社は、別途利用者との間での合意がない限り、商品の販売期間中受領した商品の売買代金を、商品の販売期間の終了日が属する月の末日を締切日として集計し、翌月末日に、申込書に記載の口座に振り込む方法により、前項に定める利用者への支払に相当する額の金銭を支払います。振込手数料は当社が負担します。
3. 利用者は、本条に定める支払の振込先口座を変更することを希望する場合には、変更を希望する支払日の1か月前までに、当社に対して、変更後の振込先を通知するものとします。

第10条(秘密保持)

利用者は、本サービスの利用に際して知りえた当社の情報(以下「秘密情報」といいます。)を、第三者に開示又は漏洩してはならず、本サービスの利用以外のために秘密情報を利用又は複製してはなりません。

第11条(解約)

本サービスが利用者のデザイン素材を用いて受注販売を行うものであることに鑑み、利用者は、特段の事情がない限り、販売開始後においては利用契約を解約し、又は販売を中断することができません。

第12条(本サービスの一時停止、解除)

当社は、利用者に以下の各号のいずれかが該当し、又は該当するおそれがあると判断した場合、当該利用者による本サービスの利用を停止し、又は当該利用者との利用契約を解除することがあります。
(1)利用者の提供したデザイン素材を用いた商品の製造又は販売が不可能又は困難である場合
(2)利用者が実在しない場合
(3)記載内容に虚偽、不正、不備があった場合
(4)利用者と連絡が取れない場合
(5)利用者が本規約に違反した場合又は過去に本規約に違反したことがある場合
(6)第三者より仮差押、仮処分又は強制処分を受け、本規約に基づく契約の履行が困難と認められる場合
(7)破産手続開始、特別清算開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始等の申立てがなされた場合
(8)手形又は小切手の不渡りを生じさせたとき及びその他支払停止状態に至った場合
(9)監督官庁より営業取消又は停止等の処分を受けた場合
(10)利用者による本サービスの利用が、当社に不利益を与えると認められる場合
(11)前各号のほか、本サービスの利用者としてふさわしくないと当社が判断した場合

第13条(禁止行為)

利用者は、本サービスの利用に際し、以下の各号の行為を行ってはならないものとします。 (1)本サービスに関連する情報を偽造、変造若しくは改ざんする行為 (2)本サービスに関連するデータ等について、著作権法で認められた私的利用の範囲を超えて、複製、頒布、譲渡、貸与、公衆送信、又はリバースエンジニアリング等を行う行為 (3)第三者の財産(知的財産権を含みます。)、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為、又はそのおそれのある行為 (4)利用者の地位及び利用者としての資格に基づき有する権利を、インターネットオークション等により第三者に転売する等、第三者に対し譲渡、貸与、名義変更する行為、又は質権の設定その他の担保に供する行為 (5)本サービスを利用して選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為及び公職選挙法に抵触する行為 (6)本サービスを利用して宗教の宣伝を含む宗教的行為、及び宗教団体の設立・活動、宗教団体への加入等宗教上の結社に関する行為 (7)他人の情報を利用して本サービスを利用すること、その他なりすまし行為 (8)利用者の情報、本サービスを利用するための情報等を第三者に開示、貸与、譲渡、売買、質入等し、又は利用させる行為 (9)当社を害し、又は当社の利益に反し、若しくはそれらの可能性がある態様による本サービスの利用行為 (10)上記各号の他、法令又は公序良俗に違反する行為若しくは本サービスの提供を妨害する行為

第14条(個人情報)

1. 利用者の個人情報は、以下の目的で、当社の責任において、当社及び当社のグループ会社が共同で利用します。
(1)利用契約の審査のため
(2)本サービスの提供のため
(3)利用者による本サービスの利用状況を確認するため
(4)本サービスの改善や新サービス開発に役立てるため
(5)その他本サービスの提供に関する利用のため
2. 利用者が当社に提供した個人情報の取り扱いについては、本規約に別途定めるもののほか、「エイベックス・グループ個人情報保護方針」(https://avex.com/jp/ja/public/privacy/)が適用されます。

第15条(反社会的勢力の排除)

1. 利用者は自らが、現在暴力団等の反社会的勢力に該当しないこと、かつ将来において該当しないことを確約するものとします。
2. 利用者が前項に違反し、又は違反するおそれのある場合、当社は利用契約を解除できるものとします。なお、当社はこれにより利用者に生じた損害を賠償する義務を負いません。

第16条(譲渡の禁止)

本規約に基づいて得られた利用者としての地位の一部又は全部及び権利義務を第三者に譲渡その他一切の処分をすることはできません。なお、当社は、当社の組織変更等の合理的事由により、当社の親会社、当社の子会社及び当社の親会社の子会社に本規約上の地位を承継させ、又は本規約から生じる権利義務の全部若しくは一部を譲渡し若しくは引き受けさせる場合があり、利用者はこれをあらかじめ承諾します。また、当該譲渡又は引受けに当たっては、利用契約に係る地位及び権利義務並びに利用者の登録情報その他の顧客情報を譲受人に譲渡することができるものとし、かかる譲渡について利用者はあらかじめ承諾します。

第17条(通知)

1. 当社は、利用者に対し、本サービスにおける通知、郵便、電子メール、SMS、ウェブサイトへの掲載、その他当社が適当と判断する方法により、必要な情報を通知します。
2. 前項の通知が、本サービスにおける通知、電子メール、SMS、ウェブサイトへの掲載等電磁的方法により行われる場合、当社がこれを掲載又は送信した時点で当該通知が到達したものとみなします。また、前項の通知が、電磁的方法以外の方法により行われる場合、当社が利用者により提供された住所、電子メールアドレス、電話番号等に宛ててこれを発し、これらが通常到達するであろう時点で当該通知が到達したものとみなします。

第18条(本サービスの変更、停止等)

1. 当社は本サービスの仕様、内容等を予告なく変更、改訂、追加、変更、バージョンアップすることがあります。なお、その場合当社は事後に利用者に対し通知します。
2. 前項の規定にかかわらず、前項の変更、改訂、追加、変更、バージョンアップが利用者に不利益を与える場合には、当社は事前に合理的な期間をあけて利用者に対し通知します。
3. 当社は、システムの保守、点検等の理由により、利用者に事前に告知した上で、一時的に本サービスの提供を停止する場合があります。ただし、当社の不測の事態による場合には、予告なく本サービスの提供を中断する場合があります。
4. 当社は、本サービスの運営上やむを得ない事情が生じた場合、本サービスを終了することがあります。

第19条(当社の免責)

1. 当社は、利用者が本サービスを利用したこと、又は利用できなかったことによって利用者に生じた損害について、直接的又は間接的な損害を問わず、いかなる責任も負いません。
2. 当社は本サービスの内容並びに利用者が本サービスを通じて得る情報及び当該情報の利用により得た成果等、本サービスが利用者の特定の目的に適合していること、提供する情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行いません。
3. 本サービスの提供の遅滞、変更、中止若しくは終了又は本サービスを通じて登録、提供される情報等の流失若しくは消失等その他本サービスの利用に関連して利用者に損害が発生した場合は、当社は一切責任を負いません。
4. 当社は、本サービスに事実上又は法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。当社は、利用者に対して、かかる瑕疵を除去して本サービスを提供する義務も負いません。
5. 当社は、本サービスに起因して利用者に生じた一切の損害、損失及び費用について責任を負いません。
6. 本サービスに関連して、利用者と利用者の顧客との間で発生した一切のトラブル、紛争等については、すべて利用者が自らの費用と責任で解決するものとし、理由の如何を問わず、当社は一切の責任を負いません。

第20条(損害賠償)

利用者は、本サービスの利用に関し、自己の責めに帰すべき事由により、当社、当社グループ会社、提携先又は第三者に対して損害、損失又は費用を生じさせた場合、並びに本規約に違反したことにより当社、当社グループ会社、提携先又は第三者に対して損害、損失又は費用を生じさせた場合、これを補償する責任を負います。

第21条(準拠法、裁判管轄)

1. 本規約の適用及び解釈は、日本法に準拠します。
2. 利用者は当社との間で本サービス又は本規約について紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

第22条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第23条(本規約の変更)

1. 当社は、当社が必要あると認めるときは、本規約を変更することがあります。この場合、利用者は、変更後の利用規約の適用を受けます。
2. 当社が前項の変更をするときは、当社は、変更の効力発生時期を定め、かつ、利用者に対して、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生時期を、利用者に通知します。

制定:2021年10月1日

以上