セキスイハイム(R) presents 三浦文彰ヴァイオリンリサイタル 大河ドラマ「真田丸」の華麗なるヴァイオリンが話題放出!今、もっとも注目を集めるヴァイオリニスト『三浦文彰』が全力で挑む感動と興奮のリサイタル!

セキスイハイム(R) presents 三浦文彰ヴァイオリンリサイタル 大河ドラマ「真田丸」の華麗なるヴァイオリンが話題放出!今、もっとも注目を集めるヴァイオリニスト『三浦文彰』が全力で挑む感動と興奮のリサイタル!

Program 公演プログラム

※演奏曲目・曲順は変更になる場合がございます。
※未就学児の入場はお断りいたします。

schedule 公演日程

Profile プロフィール

ハノーファー国際コンクール優勝 三浦文彰 (ヴァイオリン) Fumiaki Miura, Violin

2009年、世界最難関とも言われるハノーファー国際コンクールにおいて、史上最年少の16歳で優勝。
これまでハンブルク北ドイツ放送響、プラハ・フィル、シュトゥットガルト放送響などとも共演。
2013年には、ペンデレツキ80歳記念演奏会に出演。
2014年のルーブルでのリサイタルでパリ・デビュー。
2015年9月には、メンデルスゾーンとチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲をおさめた最新CDをエイベックスからリリース。

2009年度第20回出光音楽賞受賞。

使用しているヴァイオリンはNPO法人イエロー・エンジェルより貸与されたJ.B.Guadagnini (1748年製)
ロン・ティボー国際コンクール 優勝 田村  響 (ピアノ) Hibiki Tamura, Piano

2007年、パリで開催された世界的なコンクールのひとつロン・ティボー国際コンクールにおいて弱冠20歳で第1位に輝き一躍世界に注目される。
以来、ザルツブルク・モーツァルテウムなどで研鑽を積み、国際的な演奏活動を展開している。

2009年には、ビシュコフ指揮ケルン放送交響楽団との共演を果たし、以後、国内外の主要オーケストラからはしばしばソリストとして招かれ、高い評価を受けている。
また、ライプツィヒ、パリ、ザルツブルクなどを始めとするヨーロッパ各地や日本各地でのリサイタルを活発に行っているほか、室内楽活動にも力を入れている。現在、京都市立芸術大学専任講師。
特別協賛:セキスイハイム 主催・企画・制作:エイベックス・クラシックス・インターナショナル 制作協力:AMATI/ヒラサ・オフィス/インタスペース