PROFILE

Yup’in (ヤピン)

両親の影響で幼少時代からピアノやバンド楽器に触れ、音楽に囲まれて育ったYup'in。思春期を迎えると、自己表現を追求するべく、独学でダンスを学びストリートダンスに没頭するようになる。高校時代には全国高等学校ダンスドリル大会等様々なコンテストで入賞し、ダンサーとし頭角を現す。

高校卒業間近、同級生の多くが大学進学という台本通りのストーリーを歩んでいくのを尻目に、”普通”であることを拒み、自分らしく生きるため、これまで書き溜めてきた歌詞を集め、17歳から渋谷に飛び出し本格的にライブ活動をスタートし、“アーティスト”の道を歩み出す。
まもなくして、完全自主制作で配信リリース、ミュージックビデオの配信をスタート。2013年9月1日にデジタルシングル配信された「No matter what I say」が初登場にしてi-tunes R&Bチャート13位を獲得。この曲のリリースにて渋谷ストリート界隈、J-R&Bシーンなど様々なフィールドから一気に注目を集める。

アーティスト名Yup’inの”Yup”にはスラングで”YES”という意味と”高飛車で生意気”という二つの意味が込められている。その名の通り、Yup'inの歌には、"自分を愛すること"の大切さを肯定する前向きなメッセージ、そして、一方で、”普段口に出せない心の叫びや強気な気持ち”を託したメッセージが込められている。
まっすぐで、飾らないありのままの姿で我が道を突き抜けるYup’inの姿勢とファッション性やパワフルなライブパフォーマンスが、同世代のファンからも熱い支持を受けている。
そんなYup'inの活動に、これからも目をが離せない。

[オフィシャルインタビュー]

 またひとりユニークな才能を持つ女性シンガーが現れた。名前はYup’in(ヤピン)。彼女の最大の魅力は、その歌声だ。無骨というか野性的というかヤンチャというか。独特のざらつきがあるラフ&タフな声が歌詞に言霊を宿らせている。
 彼女が最初に衝撃を受けた曲はAIの「Story」。くじけそうなときに救ってくれる曲は福原美穂の「Anymore」。愛が詰まってるなと感じるのは槇原敬之「僕が一番欲しかったもの」。憧れつつもスゴ過ぎて圧倒されちゃうというのは玉置浩二。彼らに共通するものは何か。
「みなさん、“言葉を歌ってる”んです。飾らずに心から歌ってる。そういう歌に惹かれるんです」
 彼女の歌声も強烈な誘引力を持つ。たとえばミニアルバム『Who are you?』に収録された「No Matter What I Say」。サビに出てくる♪never gonna trust me♪という2秒にも満たないフレーズで、グッと歌に引き込まれたほどだ。
 怒り、喜び、悲しみ、愛しみ。歌を生み出す感情はさまざまだが、彼女の場合、その起点や原動力になるのは悔しさだという。『Who are you?』収録の「ヘルタースケルター album ver.」は、人間関係に縛られていた当時の自分の心の叫び。「Myself;Yourself」は、本当の自分を隠して強がってしまう自分への悔しさが発露した曲。「No Matter What I Say」は、ある日、「母親に殴られた」と泣きながら家を飛び出し、自分のもとに駆け寄って来た見知らぬ少女を救えなかった後悔から生まれた歌だ。
「その子の家に行ってお母さんに何か伝えられたら良かったのに、何もできなかったなと思って。そのときは、私はずっとここにいるから怒られたら戻っておいで、みたいな感じでさよならしたんですけど、すごく孤独だっただろうなぁってずっと心に引っ掛かっていて。それが他人事に思えず、その気持ちをこの曲にぶつけたんです。大人たちは自分のことに精一杯で、孤独を感じてても誰も助けてくれない街の中で強く生きて欲しいって。その子に向けてなのか、当時の渋谷で歌ってた自分に向けてなのか、負けずに闘っていこうぜっていう曲です」
 自分はどんな人間なのか。Yup’inをどうやったら知ってもらえるのか。そんな思いから自分自身と対峙して、いろんな自分を曲にして詰め込んだという『Who are you?』。タイトルの疑問文は、アルバムを手にするリスナーにも向けられている。
「そんな私の姿を見て、今度はあなたが自分と向き合ってみてねって。私にとって歌は心の叫びであり、自分も含めて聴く人の精神安定剤でもありたいと思っているので、救いの手を差し伸べてあげられる歌を今後も歌いたいんです。みんなが普段目を背けてしまうことや、見て見ぬ振りをしてしまうことに着眼して、それを大衆に向けて歌にして、みんなが気づいてなかった心の奥の感情を代弁するようなアーティストになりたいと思ってます」
 負けず嫌いで、自分の世界に土足で踏み込んでくるヤツはダイッキライ。人は人、自分は自分、そんな考えが根本にあるというYup’in。でも、そんな彼女の夢は「無償の愛であふれた星を作ること」。普段からよく「私だったらこうするのにな。もっと平等にできる方法があるんじゃないかな」と思うそうで、だからこそ、みんなが喧嘩をしない平和な世界をつくりたいのだという。悔しい思いがこみ上げてくるのは、対象を愛するがゆえ。どうにかしてあげたいという気持ちが強いゆえ。Yup’inの歌は絹でも綿でもなくリネン。タフで強く、とてもやさしい。
 
猪又 孝(DO THE MONKEY)