COMMENT

制作責任者 田中公平

Q.今回、「アニバーサリーソング制作」という試みに至った経緯を教えてください。
今や日本文化の中でクールジャパンの先鋒となった感のある“アニメ”、“アニソン”そして、そのアニソンを歌っておられるアニソン歌手さんの素晴らしい歌声を、もっと世界の方々に聴かせたいと思い、個人的な発案でアニソン版「We Are The World」を作りたいとプレゼンをしたところ、「アニメNEXT100」プロジェクトの皆さんから賛同を得て、また各レコード会社さんの協力も得て、色々な垣根を越えて制作出来る事になりました。
 
Q.参加アーティスト陣はどのように選ばれましたか?
各方面からの推薦を受け、この企画に賛同して頂けそうな歌手の方にお声がけし、惜しくも参加出来なかった歌手の方もおられますが、素晴らしい実績とそれぞれに溢れるほどの“アニソン愛”をお持ちの方々に参加してもらえたと喜びを感じています。
 
Q.アニバーサリーソングへの意気込みを頂けますでしょうか。この楽曲に込めた想いも教えてください。
畑亜貴さんが書いた前半の歌詞に上松さんが曲をつけ、その後、藤林さんが後半の歌詞を書き、私がその部分の作曲をして、最終的に全ての調整とアレンジを私が行いました。
オケのミュージシャンも日本で最高クラスの方々です。こちら側で出来る事全てをブチ込んだ最高の楽曲に仕上がっていると思いますので、リスナーの皆さんにもきっと伝わると思います。
 
Q.レコーディングを進める中での手応えはいかがでしょうか。
歌手の方々のやる気は物凄くて、こちらが圧倒されるくらいです。
皆さんから『良い曲ですね』と、お褒めも頂いていて、
制作側の士気も高まる一方です。
 
Q.今後100年で、アニメ文化はどのようになっていって欲しいでしょうか。
今後、日本のアニメ・アニソン文化は、最高の“文化交流”のツールとして、日本にとってますます無くてはならないものとなり、世界中どの地域でも愛唱されるアニソンがもっともっと出来て“アニソンを通した世界平和”みたいになれば良いなぁ、なんて大それた事まで考えております。

参加アーティスト

i☆Ris

Wake Up, Girls!

内田真礼

GRANRODEO

ささきいさお

下野 紘

鈴木このみ

鈴村健一

竹達彩奈

茅原実里

true

豊永利行

中川翔子

羽多野 渉

堀江美都子

Minami

水木一郎

三森すずこ

米倉千尋

私達にお声をかけて頂いて、本当に有り難いことだと思っています。
アニバーサリーソングは、日本的でありながらポップな部分もあって、
歌っていてとても楽しい楽曲だと思いますので、皆さんに聴いて頂けると嬉しいです。

i☆Ris

メンバー7人で一緒にレコーディングする機会はあまりないので、新鮮でした。
アニメ文化を創ってきた方々と、まだ駆け出しの私達が一緒に歌わせていただき、それが一つの歌になっているという事実に感動しています。

Wake Up, Girls!

いつもアーティストさんとして見ている方々と一緒に歌えるというのがとてもドキドキしましたし、
すごく素敵な経験をさせて頂きました。
是非この曲が沢山の人に届いて、聴いてもらって、羽ばたいていったらいいなと思っています。

内田真礼

自分達のCDの時より喉の調子を仕上げてレコーディングの日を迎えました。笑
アニメカルチャーが100年の時を経る中、それに携わってきた者としてこの企画にお声がけいただいた事はとても光栄だと思っています。

GRANRODEO

この壮大な作品に参加できることは大きな喜びです。先達が築き上げてきた日本のアニメの歴史に、歌手や声優として関わってきた思い出を、仲間たちと気持ちを合わせて織なすこの曲は、皆様の心に残るものになるでしょう。

ささきいさお

100周年のアニバーサリーソングということで、最初は何事かと思いました(笑)
こういった企画に参加する機会を頂けるということは声優をやってきた者としてはすごく嬉しいですし、頑張りたいと思っています。

下野 紘

レコーディングはすごく緊張したのですが、徐々に楽曲が持つ未来へのワクワク感だったり、キラキラしたメロディーを感じて、すごく楽しく歌わせていただくことができました。
これからもアニソンと共に頑張っていきたいと思います。

鈴木このみ

「アニソンがこうあって欲しい」ということが形になっている楽曲だと思います。
アニメソングの歴史を作ってこられた方々と一緒に歌うということで、レコーディングは緊張しましたが、皆さんに導いていただき楽しく終えることができました。

鈴村健一

人生で一番緊張したレコーディングになりました。小さいころからアニメやアニソンが大好きだった自分が、大人になってこんなに素敵な企画に参加させて頂けるなんて、本当に夢のようです。

竹達彩奈

アニメ100周年を記念する楽曲に参加することができてとても光栄です。
自分がこの楽曲に携わることで、少しでもアニメ・アニソンに感謝の想いを返すことができたらいいなと思います。
 

茅原実里

すごくいい緊張感の中でレコーディングさせて頂きました。
ずっと憧れていた方々と一緒に一曲に想いを乗せられるというのはとても貴重な経験だと思いますし、全力でぶつかりたいと思っています。

true

まさか自分が参加させていただけるとは思っていなかったので、本当に光栄な気持ちです。
歌の内容は、先輩方から僕達に手を差し伸べてくださっている印象の強い、優しくあたたかい曲です。僕達も更に若い世代の方々に手を差し伸べられたらいいなと思います。

豊永利行

今回の楽曲はレジェンドである大先輩方と一緒に生きた証になると思います。
田中公平先生と水木一郎さんにディレクションして頂いたレコーディングは生涯忘れられません。
辛い時や落ち込んだ時、どんな時でもアニメソングが側にいてくれたこと、そのおかげで今の自分があることを考えると胸がいっぱいです。

中川翔子

何が起きたか、何を歌ったか記憶がないくらい、参加させて頂くこと自体が光栄な現場でした。
100年をかけて先輩方が作られてきた歴史を音楽で表現する、という素敵な機会に呼んでいただき、とても嬉しく思います。

羽多野 渉

歌い出したのが子供の頃でしたので、人生の大半をアニメソングを歌うことに費やしてきました。私にとってアニメは、そのものが人生なのかと思っております。今回のアニバーサリーソングでは、沢山のアーティストの方達と一緒に曲を作るということで仕上がりがとても楽しみです。

堀江美都子

参加させていただけることがすごく嬉しいです。一生懸命歌ったので、是非楽しみにしていてください。
レコーディングが前半だったので、世界観などでは探り探りの部分もあったのですが、なんとか自分の歌になったのではないかと思っています。

Minami

記念すべき周年のアニバーサリーソングに参加できることはアニソン歌手冥利に尽きると思っています。
100周年に100ふさわしい広大なスケールの楽曲になっていますし、アニソン人生の中で自分が感じてきたことが込められている気がして、改めてアニソンって良いなという気持ちで歌いました。

水木一郎

このような楽曲に一人の声優・アニソンアーティストとして参加させていただくことが出来て本当に光栄です。本当に名だたる先輩方と一緒に歌うことができてとても嬉しかったので、是非出来上がった曲を沢山の方々に聴いて頂きたいです。

三森すずこ

アニメ100周年という大きな節目の年に、こういった素晴らしい企画に参加させて頂けることがすごく嬉しいです。
楽曲は壮大な大作になっていますし、詞にもアニメの事を想って作られた言葉が散りばめられているので、本当に幸せな気持ちで歌わせて頂きました。

米倉千尋