FUJITEC presents ヴァシリー・ペトレンコ指揮 ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団 ペトレンコ旋風、再び!! 2大スターがソリストに登場!!

このオーケストラは今、何かを成し遂げようとしている

イギリス的に重厚で、かつ透明な金管楽器の音色、ちょっと湿り気を帯びた弦楽器の音色、そして華麗な木管楽器群。
これらがペトレンコのタクトのもとで活き活きと音楽を奏でる。
イギリスの新聞が伝えるように、確かにこのオーケストラは今、何かを成し遂げようとしている。
日本のふたりの若武者ソリストとの素晴らしい組み合せによる来日公演が、聴衆の心をつかむことは間違いないだろう。

片桐卓也(音楽ライター)

ペトレンコ旋風、再び

音楽の世界では、このところペトレンコ旋風が吹き荒れている。
というのは、世代的にも同じで、国籍的にもロシアということで共通する部分が多い、二人のペトレンコが活躍を始めて、それぞれにとても高い評価を獲得しているからである。
一人が、1976年サンクトペテルブルクに生まれたヴァシリー・ペトレンコである。2002年スペインで行われた指揮者コンクールに優勝、2005年にはイギリスのロイヤル・リヴァプール・フィルの首席指揮者に迎えらえている。以来、ペトレンコの躍進劇は留まることを知らず、2015年にはついに初来日公演を行い、空前とも言える成功を収めたのである。
もう一人のペトレンコは、1972年シベリアに生まれ18歳の時からウィーンに学んだ、キリル・ペトレンコである。
2018年にはベルリン・フィルの音楽監督に就任することとなっており、期待度の高いマエストロである。
二人の間に血縁関係はないということだが、何れもロシアからの才能であるし、世代的にも同じであり、また音楽的にも極めてドラマティックな演奏を聴かせるという点でも似通っている。ここで扱うのはヴァシリー・ペトレンコであるが、今回待望のロイヤル・リヴァプール・フイルとの二度目の来日公演が実施されることになった。曲は、ショスタコーヴィチとチャイコフスキーの交響曲がメインである。もちろん、辻井伸行のソロも聴かれるし、またイギリス音楽も含まれることになっている。
3年前の来日公演を上回る興奮に我を忘れる一夜となることであろう。

諸石幸生(音楽評論)

公演プログラム

ProgramA

5/12兵庫、5/14東京、 5/17名古屋
三浦文彰、辻井伸行のWソリスト
  • ウォルトン: ヨハネスバーグ祝典序曲
  • ヴォーン・ウィリアムズ: あげひばり
    [ヴァイオリン:三浦文彰]
  • グリーグ: ピアノ協奏曲[ピアノ:辻井伸行]
  • ショスタコーヴィチ: 交響曲第5番

ProgramB

5/11埼玉、5/13大阪、5/16東京
辻井伸行、人気の大曲2曲を披露
  • ラフマニノフ: パガニーニの主題による狂詩曲
    [ピアノ:辻井伸行]
  • チャイコフスキー: ピアノ協奏曲第1番[ピアノ:辻井伸行]
  • チャイコフスキー: 交響曲第4番

ProgramS

5/18松本
三浦文彰、辻井伸行のWソリスト
  • ウォルトン: ヨハネスバーグ祝典序曲
  • ヴォーン・ウィリアムズ: あげひばり
    [ヴァイオリン:三浦文彰]
  • グリーグ: ピアノ協奏曲[ピアノ:辻井伸行]
  • チャイコフスキー: 交響曲第4番

スケジュール

公演日
(2018)
会場 開場 開演 料金 リンク 発売日 お問い合わせ プログラム
5月11日(金) 【埼玉】大宮ソニックシティ 大ホール 13:15 14:00
発売中 チケットスペース
03-3234-9999
B
5月12日(土) 【兵庫】兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール 13:15 14:00
12月10日(日) ABCチケットインフォメーション
06-6453-6000
A
5月13日(日) 【大阪】フェスティバルホール 13:00 14:00
12月10日(日) ABCチケットインフォメーション
06-6453-6000
B
5月14日(月) 【東京】サントリーホール 18:15 19:00
発売中 チケットスペース
03-3234-9999
A
5月16日(水) 【東京】Bunkamuraオーチャードホール 18:15 19:00
発売中 チケットスペース
03-3234-9999
B
5月17日(木) 【名古屋】日本特殊陶業市民会館
フォレストホール
18:00 18:45
12月9日(土) 東海テレビチケットセンタ
052-951-9104
A
5月18日(金) 【松本】キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館) 18:15 19:00
18年1月21日(日) テレビ信州チケットセンタ
026-225-0055
S

プロフィール

辻井伸行ピアノNobuyuki Tsujii, Piano

2009年6月に米国テキサス州フォートワースで行われた第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールで日本人として初優勝して以来、国際的に活躍している。11年と14年にはカーネギーホール、13年のイギリス最大の音楽祭「プロムス」、15年のウィーン楽友協会をはじめとする演奏会はいずれも絶賛されている。16年から17年にかけてアシュケナージ指揮でシドニーとベルリンで演奏して絶賛された。18年以降もロイヤル・リヴァプール・フィルとの日英での演奏会に加え、アシュケナージ指揮アイスランド響との共演など、ヨーロッパとアメリカで注目の公演が予定されている。エイベックス・クラシックスより継続的にCDを発表し、2度の日本ゴールドディスク大賞を受賞。作曲家としても注目され、映画《神様のカルテ》で「第21回日本映画批評家大賞」受賞。

三浦文彰ヴァイオリンFumiaki Miura, violin

2009年世界最難関とも言われるハノーファー国際コンクールにおいて、史上最年少の16歳で優勝。これまでにハンブルク北ドイツ放送響、シュトゥットガルト放送響、プラハ・フィル、オレゴン響など国内外で主要オーケストラと共演。2014年はルーブルでパリ・デビュー。
2015年には、リントゥ指揮ベルリン・ドイツ響との共演を得て、エイベックス・クラシックスからCDをリリース。 2016年NHK大河ドラマ「真田丸」のテーマ音楽を演奏。2017年は、ロンドン・デビューを果たし、フェドセーエフ指揮チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラとの日本ツアーを行う。2009年度第20回出光音楽賞受賞。
使用しているヴァイオリンは、宗次コレクションより貸与されたストラディヴァリウス 1704年製作 "Viotti"。

ヴァシリー・ペトレンコ指揮Vasily Petrenko, Conductor

1976年サンクトペテルブルク生まれ。ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者。
ロンドン交響楽団、シカゴ交響楽団、ロサンジェルス・フィル等、世界のトップオーケストラへの客演も行い、現在、オスロー・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者等も務める。リヴァプール・フィルとの録音により2010年と12年にクラシック・ブリット賞、12年にエコー・クラシック賞、07年にグラモフォン賞を受賞している。

ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団Royal Liverpool Philharmonic Orchestra

1840年創設、英国で最も長い歴史を持つプロオーケストラ。音楽祭「プロムス」の創始者であるサー・ヘンリー・ウッドをはじめ、世界トップレベルの指揮者が名を連ねる。
2006年よりヴァシリー・ペトレンコを首席指揮者に迎えてからは世界中の批評家から絶賛され、新たなファンの獲得に成功している。
ペトレンコとのチャイコフスキーの交響曲第1番、2番、5番の録音が、17年に「BBCミュージックマガジン」誌の最優秀賞を受賞。
PAGE TOP