avex-CLASSICS

ARTISTS

キュウ・ウォン・ハンKYU WON HANバリトン

キュウ・ウォン・ハン Kyu Won HAN 1972年韓国・ソウル生まれ。マンハッタン音楽院で学士号、修士号を取得。ベルヴェデーレ国際声楽コンクール、マリオ・ランツァ・コンクール、オラトリオ協会コンクール、プッチーニ・コンクール、ディカーポ・オペラ・コンクール、コネティカット・オペラ・ギルド・コンクールを始め数多くのコンクールで受賞。サンフランシスコ・オペラのアドラー・フェローシッププログラムに選ばれ、99年...

キュウ・ウォン・ハン
Kyu Won HAN

1972年韓国・ソウル生まれ。マンハッタン音楽院で学士号、修士号を取得。ベルヴェデーレ国際声楽コンクール、マリオ・ランツァ・コンクール、オラトリオ協会コンクール、プッチーニ・コンクール、ディカーポ・オペラ・コンクール、コネティカット・オペラ・ギルド・コンクールを始め数多くのコンクールで受賞。サンフランシスコ・オペラのアドラー・フェローシッププログラムに選ばれ、99年同劇場の《ドン・ジョヴァンニ》のマゼット役でデビュー。 01年フランス国立ライン・オペラ《トゥーランドット》(ピン役)でヨーロッパ・デビューを果たし、同年3月には新国立劇場で《魔笛》にパパゲーノ役で登場。近年はサンフランシスコ・オペラの《カルメン》、《蝶々夫人》、《トゥーランドット》、ボルドー劇場の《蝶々夫人》《セビリアの理髪師》等に出演。日本国内では、サントリー「1万人の第九」コンサートに04年から毎年出演するほか、05年兵庫県立芸術文化センターのオープニングコンサートに出演、 06年7月および08年3月には同劇場のオペラ《蝶々夫人》にシャープレス、ヤマドリの2役で登場し、圧倒的な人気を誇った。 06年12月「佐藤しのぶクリスマスコンサートThe Gift」の特別ゲストとして出演し、全国で好評を博す。 07年には新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会《こうもり》(指揮:クリスティアン・アルミンク)や京都市交響楽団との共演でヴェルディ:レクイエム(指揮:広上淳一)、08年兵庫芸術文化センター管弦楽団定期演奏会ではフォーレ:レクイエム(指揮:佐渡裕)に出演し大成功を収めた。ヨーロッパ、アメリカ、日本、韓国での活躍が目覚ましい期待の若手バリトン歌手である。

 

 

(オフィシャルWEBサイトより・2008年9月現在)

catalogue